経済

日本の大学入学の英語試験の改革、経済的、地域的格差に萎縮



2021年1月16日かもしれない文京区の東京大学で標準化された大学の入学試験が行われているのを見ることができます。 (Mainichi / Kaho Kitayama)

TOKYO – 日本は2025年から標準化された大学入試システムに応じて、プライベート英語の試験と試験の筆記セクションを導入する計画を教育部が7月に放棄した後、部と地域格差に起因英語の試験改革に困難を経験しています。

文部科学省で議論されている計画を放棄することにしたのは公正性と公平性が確保されていないという点であった。 これらは、最初から提起された問題であった。

代わりに、文部科学省は、大学入試に不可欠な部分とみなし、大学で実施する個別入試でこの制度を施行するように促す計画だ。 制度を積極的に導入した大学に優遇をしようという提案が出てきた、ある程度の改革が行われるかは未知数だ。

全国的に約500,000人の志願者が行った、標準化された入学試験でリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのコミュニケーション能力を評価するプライベート英語の試験導入を提案した目的の一部は、主に集中する傾向がある高校の授業の改革を奨励することでした。 リーディングとリスニングに。

ただし、一部の私立の英語能力試験の費用は20,000円(約$ 182)を超えました。 これは、低所得家庭の学生が、限られた回数だけテストを受けることができていることを意味します。 特定の地域の受験者は試験会場の選択が制限される場合があります。 今、新しいテストシステムの導入は、経済的および地域的格差の解決策不足のために後方に押されました。

新しい試験が大学の個別の入学システムに実装されるかどうかは、各機関の裁量にかかっています。 文部科学省の調査によると、2020年度に大学に入学した人の中国大の学生の14.5%だけが、英語の社説試験結果を反映して入試制度を通じて合格した。 公立大学は6.0%、私立大学は19.8%で低い水準だ。 試験費用と場所の問題は、プライベートの英語のテストの広範な使用にも障害として残っています。

日本のこのケン財団(Eiken Foundation of Japan)は、2021年、学業から公共試験場での1級受験料が税金を含む10,300円(約$ 94)で12,600円(約$ 115)に引き上げられると、2月に発表しました。 TOEIC(国際コミュニケーション英語のテスト)の管理者である国際ビジネスコミュニケーション研究所(IIBC)も10月から聞き取りと読解のテストコストを1,320円(約$ 12)印象して価格を10月から値上げします。 税込6,490円(約$ 59)〜7,810円(約$ 71)。

松米コータロー(Kotaro Matsumi)は、東京に拠点を置く非営利法人キッズドアファンド(Kidsdoor Fund)を率いており、この基金は、高等教育を希望する貧しい家庭の子供たちに財政的支援を提供しています。 彼は毎日新聞とのインタビューで、「料金の値上げは、家族間の既存の経済的格差を拡大することができる」と述べた。

Kidsdoor Fundは、中高生には、このケン試験費用を支援する奨学金を支給します。 Eiken個人の英語のテストのスコアは、多くの大学に入学するために必要です。 しかし、非営利団体は、毎年増える申請者数についていけませんでした。 一部の学生は、「英検を見ようとバイトを求めているが、何も探せない」、「代入試験は必須だが、1つの落第した」などの懸念の声を出した。 私の家族は、他の試験を見る余裕がないとします。」

社説英語の試験を主管する機関も経済的、地域的格差を減らすために努力しています。 TOEIC Listening&Reading受験者は、最初の試験日から1年から3年の間に、再受験の場合割引を受けることができます。 日本のこのケン財団(Eiken Foundation of Japan)は、約400個の財団指定の公共の場所よりも低い試験料としてグループ試験場所として使用されている全国の約20,000校や他の機関に登録されていない受験者を受け入れることを要求しました。 約400個のサイトが同意し、財団は、より多くの協力を求めています。

しかし、多くの学校で、他の受験者を受け入れるために困難を経験しています。 1年に一度Eiken場所として使用されている東京都立高校の英語の先生は次のように言いました。 作業と試験日のオンサイトの従業員。 安全性を確保し、外部受験者を受け入れるとき、誰が責任をれるのか問題もあります。 ”

(Japanese original by Kohei Chiwaki、Richi Tanaka and Akira Okubo、Tokyo City News Department)

READ  日本のチップサプライヤー、「中国出口」補助金

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close