スポーツ

日本の大臣は、NTTの経営陣との官僚会食について謝罪

日本の内相が日本電信電話(NTT)の関係者と一緒に食事に参加したことが確認された後、日本内相が自分の役職で高官を解任し、彼法違反になることがあると言ったことについて謝罪した。

週刊ブンスン(Shukan Bunshun)雑誌がNTTと衛星放送のためのTV番組を制作する会社の役員であるシュガーの息子と一緒にワインを飲み、食事をしたカンブンスン(Shukan Bunshun)雑誌が発表した後、シュガー義久に首相政権は大衆の批判を受けました。

政策調整担当次官谷ワキ安彦は内務省の調査結果、彼はNTT沢田た社長と一緒に夕食に参加したことが確認された後、他の部署に移った。

武田良太内務省長官は「公報の信頼を真剣に毀損することが発生したのは残念だ」と話した。

日本の国家公務員倫理法は公務員が好ましいように見えることができる個人や企業からの贈り物や接待を受けることを禁止します。

しかし、月曜日に発表された読売日の世論調査によると、新型コロナウイルスの事例が減少するにつれて、12月以降初めてシュガー政権への支持が非対応の割合を凌駕することがわかった。

シュガー政権への支持は3月5日から7日まで実施されたアンケート調査で48%に増加して、前月の世論調査より9%ポイント増加した。

以前に国営であったNTTのスポークスマンは、調査のために第三者のパネルを構成することを検討しているが、言及であり、この事件についてコメントを拒否した。

内務省は、通信と放送産業を統括します。

シュガーは内務省から歓迎を受け、他の関係者と一緒にシュガーの息子が主催した晩餐会に出席した主な政府のスポークスマンが辞任した後、先週謝罪した。

シュガーの重要な政策目標は、携帯電話使用料の引き下げであった。

(Daniel Leussink、ギムチャンランジャーナリスト、Clarence Fernandez編集)

READ  ルワンダ空手広報のために日本の天皇が飾られたウォヨ| 新しい時代

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close