経済

日本の大阪、記録的なCOVID-19の事例で緊急宣言-Media | 世界| ニュース

Rocky Swift制作

東京(ロイター) – 日本の大都市大阪の新しいCOVID-19感染が史上最高値を記録し、医療緊急事態を宣言すると共同通信が水曜日報道しました。

京都は関係者を引用して、新しい感染症が一日に800人を超えると予想され、県当局は、医療システムへの負担が増加するにつれて、非常事態を宣言する準備をしていると報道した。

大阪府スポークスマンはロイターと接触したとき、感染の数値を確認することができなかった緊急宣言がまだ検討中と述べた。

保健当局は、東京オリンピックが始まるまで107日ぶりにコロナウイルスの亜種が4次感染を起こしワクチン接種がまだ初期段階にあると懸念しています。

大阪政府は火曜日に719件の新たな事例を見てましたが、これは伝染病が始まって以来、最も高い数値です。 公式データによると、重症患者のための病床のうち、約70%が現在使用中です。

大阪と近隣兵庫県、宮城県は広がっているより強力なウイルスの亜種を制御するために、月曜日から一ヶ月間標的封鎖措置を開始しました。

最近、大阪の感染率ははるかに大きい都市である東京の感染率を超えました。

菅義偉首相は日曜日、大阪の地域で採用された緊急措置が必要な場合、東京や他の場所に拡大することができると言いました。

日本の予防接種推進力は、ほとんどの主要経済国よりもはるかに遅れています。

日本では約100万人の人々が2月以来、少なくとも一回のCOVID-19ワクチン接種を迎えたが、これは人口の1%未満一方、日本に続いて、キャンペーンを開始した韓国ではほぼ2%に過ぎません。

(東京のRocky Swiftジャーナリスト、Robert Birsel編集)

READ  日本のウイルス急増シュガーが短期プレミアように見えます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close