経済

日本の太陽光発電所の老化懸念、経営ビジネスが活況

日本政府が温室効果ガスの排出量を大幅に減らすために、太陽光発電の拡大を急いでいるが、すでに稼働中の発電所は老朽化している。 大規模な新規太陽光発電所を建てることができる余地が限定的であるため、発電効率を高く維持し、既存の設備を長期的にオンラインで維持する事業がブームになっています。

成田空港から南東約5km離れた千葉県芝山時の広大な野原を約18,000個の太陽電池パネルが覆っています。 よく見ると、パネルにあちこち白点を見ることができます。

東京墨田区に本社を置く物流施設開発会社であるSBS Asset Management Co.の投資管理部門のMasafumi Oshiroは「新しい糞です。きれいにしなければ物が積もっホットスポットの原因となります。」と言いました。 この超大型太陽光発電所を運営する会社です。

ここで、「ホットスポット」は、新しい排泄物、落葉やその他の要因により、太陽電池パネルの電気抵抗が増加し、熱が発生した場合を指します。 これは、発電効率を低下させるだけでなく、パネルの故障や火災につながることができます。



2021年7月15日千葉県芝山の一部の太陽電池パネルに新しい糞がついています。 排泄物をきれいにしなければ、発電効率が低下して、パネルの故障が発生する可能性があります。 (毎日/岡田エー)

この発電所は、2013年に稼動を開始しOshiroによると、操作5年くらいからホットスポット、錆や汚れが目立つようになりました。 発電所の出力を調べた結果、発電効率(日射量当たり成長する電気量)が発電所が完成したか7年目翌2019年までに約10%下落したことに気づいた。 これは、年間の電気販売収益の損失に千万円(約89,920ドル)以上に達しました。

同社は、日本全域に14個の太陽光発電所を運営しており、2018年末の時点で年間平均1.6%の発電効率が低下していました。 そのうち8社で発電効率。

政府の目標は、会計年度2013年の水準に比べて会計年度2030年までに温室効果ガスの排出量を46%削減することです。 環境省は2030年度に太陽光発電容量の現在の目標である6,400万キロワットに2,000万キロワットを追加する提案を発表しました。

2012年瓶詰めプラン(FIT)が導入され、多くの分野でのメガソーラー発電所の建設が本格化したが、その速度は停滞した。 広い空き地を必要とするこれらの工場に適した敷地の数は減少しており、既存の施設を継続的に効率的に使用することの重要性が増加しています。

しかし、最近の研究によると、装置は、以前に考えていたよりも早く劣化します。 太陽光発電所の事業計画では、パネルの老化によって発電容量は年間0.5%ずつ減少すると仮定するのが一般的です。 しかし、電力産業の中央研究院が2016年から2021年までの4種の太陽光パネルをテストした結果、発電容量は年平均1.6%減少した。

これに対応して、既存の施設の「老化」を減らすのに役立ついくつかのメンテナンスおよび管理事業が登場しました。

去る5月には、東京江東区にあるORIX Renewable Energy Management Corp.はORIX Corp.の子会社でメンテナンスや管理サービスを開始しました。 熱画像カメラを搭載した無人偵察機は、太陽電池パネルを航空写真に撮って、ホットスポットを確認します。 そして人工知能を活用して発電量の変化を分析し、異常の兆候を早期に検出する。



この写真は、2021年8月6日栃木県下津マラケシュの雑草の下埋め込まれた太陽光発電所の入り口を示しています。 多くの小規模発電所が適切に維持管理されていないとします。 (毎日/岡田エー)

超大型太陽光発電所を開発・運営している広島に本社を置くウェストホールディングスは、2020年の「再生事業」を開始した。 彼らは主にFIT初期に生まれた超大型太陽光発電所を購入します。

木やフェンスに怪しげなパネル、点検が不可能なほどびっしり詰まったパネル、北に向かってパネルなど中古発電所を買収する。 そして、パネルの角度調節、再配置、清掃、周辺雑草などで発電効率を高める。 その後、自動出力の監視などの管理サービスが含まれているパッケージを販売します。

既存の発電所が老朽化され、維持・管理の必要性が高まっているが、競争も激化している。 パネルをきれいにする千葉県の請負業者は、「他のメーカーが市場に参入している場合が急増して価格戦争が繰り広げられている」とため息をついた。 今は3年前より1.6倍より多くの太陽電池パネルを洗浄が単価は落ちました。 契約者は、「大量の処理しなければ利益を得ることができません。」と言いました。

一方、適切な維持・管理が行われていない小規模発電所が多い。 8月初め、毎日新聞記者は栃木県下田ツマラケシュの住宅街にある太陽光発電所を訪問し、腰の高さの雑草が茂っ入口門を発見した。

太陽光パネルも部分的に雑草に覆わあり、FITの認証を受けた工場であるにもかかわらず、外部から見ることができるよう公開しなければなら会社名や維持・点検担当者を表示する標識がなかった。 。

50kW未満の太陽光発電所は、電気安全担当者を置かなくてもよい。 不良経営も登場して太陽光発電所を管轄する経済産業省が検査の現状についてアンケート調査を開始した。

発電所が小さいほど、メンテナンスや管理コストの割合が高くなります。 2012年FIT導入直後の認証を受けた10kW以上の出力発電所は、20年の間に高い電気料金を保証受け発電効率が低くても収益性が良い。

しかし、これらの優待期間は2032年から徐々に切れる。 管理費の負担がさらに大きくなって閉鎖・廃止された太陽光発電所が急増するという懸念が出ている。

新エネルギー・産業技術開発機構(New Energy and Industrial Technology Development Organization)の山崎光博(Mitsuhiro Yamazaki)首席研究員は、「太陽光発電を基礎動力源にするためには、発電所の数を増やすだけでなく、従来の多くの発電所でメンテナンスをよくすることが重要である。 ”

***

瓶詰め料金制は、電力会社が再生可能エネルギーから生産された電気を、一定期間、固定された価格で購入する制度です。 日本では、再生可能エネルギーの普及を促進するために2012年から導入した。 このプログラムは、太陽光、風力、水力、地熱、およびバイオマス発電を包括し、政府は、要件を満たしている施設を認証します。 電力会社の購入費用は、再生可能エネルギー発電促進のための財源として、家計や企業の電気料金に加算されます。

(日本原文:岡田エイ、信田真弓、科学環境ニュース部)

READ  コロナウイルス最新:新しい中国発症が8つの地方に到達

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close