日本の失われたクリーンパワー

Estimated read time 1 min read

最新の声明では、G7気候、エネルギー、環境大臣は、2030年までに150GWの新しい海上風力を建設すると発表しました。 2030年以前に10GW契約を締結しましたが、現在の計画はそれまで5.7GWの運用容量のみを予想しています。 これは、日本の運営海上風力が2030年までに総G7目標の4%に過ぎないと予想されることを意味します。 これは国内海上風力発電の理論的な可能性である392GWの1%に過ぎません。 日本は2040年までにどのくらいの容量を契約する必要があるかについて議論していますが、30GWから45GWになる可能性があるため、依然として不確実性があり、これはまだ理論的な風力の可能性よりも低いです。

READ  2021年のベストなオンラインスロット
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours