トップニュース

日本の奥野人墓地、Est。 816年: 200,000人の僧侶のための墓地

自動車で日本大阪から南東に数時間の距離にある和歌山県の山の中に位置する世界的に有名な墓地には、未来仏の復活を待っているという20万人を超える僧侶の墓があります。 長さ約2kmの奥野院墓地は日本最大の墓地です。 それは816年以来存在し、そのすべてが神聖です。 日中は奥野人墓地が比較的普通に見えます。 しかし、夜に奥野人はとても神秘的で、時には不気味な個人的な経験だそうです。 ここに理由があります。

昼間に高野山の奥野人墓地を散策するサフラン色の礼服を着た真言仏教僧侶。 ( キャロライン75005 / Adob​​e ストック)

奥野人墓地の始まりの背後には、どうやって誰がいますか?

奥野院墓地は、和歌山県紀伊山脈の古代村である高野山にあります。 ユネスコの世界遺産のリストに集合的に追加されたこの山岳地帯、深い森林地域に位置する多くの神聖な場所の一つです。 紀伊山地の領地と参道として通称。 このようなサイトには、吉野と大峰、高野山、そしてこの地域を帝国京都と結ぶ神道熊野高度巡礼道(熊野グランド神社で終わる)が含まれます。

しかし奥野人は神道墓地ではありませんが、墓地のあちこちで神道要素を見つけることができます。 高野山村は真言宗の発祥の地です。 この仏教宗派は、Kōbō-Daishとも呼ばれる仏教マスターKūkaiによって805年に日本に紹介されました。 Kōbō-Daishは唐の間に中国西安の僧侶と一緒に勉強した後、日本に戻って中国の最も重要な仏教宗教人の一人になりました。

Kukaiの遺産は、東アジアに残っている数少ないタントラ仏教の例の1つです。 この日本仏教宗派は ミキョウ、 真言仏教の金剛石の遂行と、日本の天太宗とゲゴン宗仏教の一部を構成する関連遂行に関する日本語用語です。

高保大使は高野山の閑静な山頂に瞑想の場所として寺院を建てました。 彼は彼の小さな寺院が100以上の寺院と修道院に拡張され、高野山の村が始まった理由であるとはほとんど知りませんでした。

Kōbō-Daishの墓は、背の高い杉の木と砂利の塔または墓石に囲まれたOkunoin墓地の中央に位置しています。 ここで僧侶たちは彼に一日二回意識的な食事を与えます。 僧侶たちは、彼がここですべての存在を解放することに集中しながら、永遠の瞑想にあると信じています。

何千ものランタンのおかげで、霊廟の内部が明るく輝きます。 伝説によると、このランタンのうち2つは西暦1088年から燃えています。 これらのうちの1つは元皇帝から来たもので、もう1つは戻ってきた両親のために祈るためにランタンのために髪を売った農家の女性から来ました。

真言仏教徒たちに墓地をとても神聖にするのはまさにこの墓所です。 彼らの宗教指導者に近いということは、彼らが将来の仏が地球に戻るときに最初に歓迎する人々の1つになることを意味します。 彼らは必ずしもそこに埋め込まれる必要はありません。 髪のような物理的な表現で十分です。

車で日本大阪から南東に約2時間の距離にある高野山の有名で神秘的な真言仏教の奥野人墓地に苔で覆われた石墓があります。  (低陶磁人/アドビストック)

車で日本大阪から南東に約2時間の距離にある高野山の有名で神秘的な真言仏教の奥野人墓地に苔で覆われた石墓があります。 ( ゼロ陶磁器 / Adob​​e ストック)

奥野人はなぜ夜に不気味なのですか?

しかし奥野人墓地を夜にとても不気味にするのは地蔵菩薩です。 日中は可愛く、夜は少し怖くなった石彫りフィギュアです。 このフィギュアは、自分だけでなく、すべての被造物の悟りに努める精神的な存在を表しています。 Jizo Bosatsuは通常、小さな赤いエプロンと帽子で飾られています。 これらは悲劇的な話を聞きます。 子供のような小さな彫像は、子供たちの魂を守る地蔵菩薩を象徴しています。

この小さな地蔵菩薩のほとんどは、小さなコイン、キャンドル、コーヒー缶、香り、時には食べ物に囲まれています。 残念ながら、これらの供物は、この小さな魂が子供たちが死後の世界に安全に行くことを望んでいるという心から両親が与えたものです。

これはまた、多くの人が自分自身を保護し、愛する人々が死後の世界に平和的に通過することを望む心を暖かく保つために赤い帽子とエプロンでそれらを飾る理由でもあります。 地元の人々はまた、この彫刻に水をかけ、頭を下げ、尊敬と祈りを与え、祈ります。 日中、これらのフィギュアはやや普通に見えます。 しかし、夜になると、墓地で子供服を着た何百もの人形を見るのは本当に恐ろしいです。

徳川霊廟は奥野人墓地境内にあり、17世紀に建てられました。  (ダデロ/CC BY-SA 3.0)

徳川霊廟は奥野人墓地境内にあり、17世紀に建てられました。 (ダデロ/ CC BY-SA 3.0 )

奥の人のその他の記念碑や墓

奥野院墓地にある記念碑はこれだけではありません。 真言仏教はすべての生き物を重視しているので、さまざまな種類の記念碑を見つけることができます。 昆虫を根絶した農薬会社によって昆虫の記念碑も建てられました。 さまざまな時代にわたって戦争中に戦死した日本の敵を称える雨もあります。 一部の日本企業は企業の恩恵を受け、従業員のために墓地に記念碑を維持することもあります。 宇宙船、食器、ピラミッドなどの奇妙で予期しないものを表す他の記念碑があります。

奥野仁墓地の墓は、2km(1.24マイル)に達する背の高い杉の間で曲がりくねった長く神秘的な道の両側にあります。 著名な僧侶や永住を含む多くの重要な人々が長年にわたってここに埋葬されています。 実は、ここに江戸(東京)で日本を統治した強大な徳川将軍家の17世紀にも江戸時代の霊廟があります。

今日まで、人々が墓地に埋葬された状態で、墓の数は増加し続けています。 真言宗ではすべての生き物を神聖視するため、ペットもここに埋められます。 真言仏教の信者はまた、墓地に死んだ人がなく、仏の再臨を待つ魂だけがあると信じています。

奥野院墓地と周辺地域は依然として寺院で瞑想する僧侶たちの故郷ですが、信じられないほど人気のある観光スポットでもあります。 毎年何千人もの人々が奥野人と高野山の村のあちこちに散らばっている寺院を体験するために集まります。

トップに戻る画像:夜になると、奥の墓地は薄暗い照明、深い影、周囲の埋葬されたすべての死者の意識のために厄介な経験になります。 源泉: ウィリー / Adob​​e ストック

マーク・ブロフィー

READ  日本の投資家は、リーダーシップの競争でKonoに賭けを上げます。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close