理科

日本の女性相撲選手:スポーツの顔を変える女性に会う

桑原がリングからライバルを追い出す前に、2人の10代の少女が12秒間賑わいます。

この相撲大会では、「グランドチャンピオン」というタイトルをめぐって野蛮を着た男はいません。 その代わり、8歳から12歳までの少女たちが正面に立ち向かい、日本の男性中心的な国家スポーツの未来を段階的に変化させています。

「私たちが相撲に多くの女の子と女性を集めれば、スタジアムを平準化し、相撲で生計を立てられると思います。そうなることを願っています」と彼女は付け加えます。

柔らかい馬とメガネをかけた12歳のKajiwaraは、4年前に柔道と共に相撲を練習し始めました。 2019年に開かれた第1回全国女子大会のディフェンディングチャンピオンである彼女は、自分のタイトルを維持し、スポーツでできる限り最善を尽くすことに決めました。

彼女は「私が相撲をする理由を理解していない人がいるが、私は彼らがどう思うか気にしない。相撲をしたいならばしなければならない」と話した。

しかし、女性にとっては馬ほど簡単ではありません。

プロ相撲は依然として競争と意識から女性を排除しており、近年、いくつかのスキャンダルによってスポーツの評判が損なわれています。

2018年怒り爆発 倒れた市長を助けようとした女医が京都府相撲競技場から退出するよう命じられた時。 多くの人々がこの出来事を 家父長制日本の女性待遇、順位付け 156カ国のうち120カ国 世界経済フォーラム(World Economic Forum)の最新のグローバルジェンダーギャップ指数(Global Gender Gap Index)で。

スーパーウーマンとショービジネス

このような困難にもかかわらず、専門家は日本の変化する態度が相撲で少女と女性の未来を開いていると言います。

プロの相撲や オズモ 1,500年以上遡る古代慣習です。 豊作を祈願するために日本の神社で伝統的に行われる男性専用の慣習で、このスポーツの厳格な意識は何世紀にも大きく変わっていません。

実際の試合はしばしば数秒間続き、ほとんどの場合、両方のレスリング選手が試合で対決します。 dohyo – 上げられた粘土の日。 女性は不潔と見なされ、このリングに入ることはできません。 神も信仰で 月経をするからです。

日本の東京にある日本スポーツサイエンス大学の教授である恵子かねだによると、障壁にもかかわらず、女子相撲はスポーツの初期から存在してきました。

例えば、「日本の年代記」と呼ばれる日本の歴史の中で2番目に古い本で、Yuuryaku天皇が下級女性経営者に相撲を行うように求めた方法を説明する8世紀の説明が、KanedaのInternational Journal of the International Journalに掲載された研究で説明します。 スポーツの歴史。

江戸時代(1603-1867)に出版された「浮世城市」として知られる有名な文学作品は、女性と視覚障害者の相撲試合を暗示することもあります。

Kanedaによると、1873年に女性の相撲はしばらく禁止されていましたが、数年後に再び復活しました。

相撲選手はお互いをリングから押し出す

彼女は、伝統的な女性相撲は、単なる娯楽ではなく、スーパーウーマンのようなレスラーの資質に対する信念を強調したと述べた。 彼女は女子相撲選手が秋田県で雨を祈る祈りから九州で結婚式のような優雅な行事を祝うまで、すべてのことをするために入隊した記録があると書いています。

群馬女子大学の千江一海教授は、1940年代と1950年代の間に、相撲は野蛮な場所で公演するため、女性の体が客観化される地下エロティカの一形態とみなされるまでしたと述べました。

女の子のための機会

21世紀に急速に戻り、東京郊外の暗いコンコミュニケーションな地域体育館で8歳から12歳の少年少女が一緒に競い合い、頭を合わせて競っています。

レスリングコーチであるMiki Ouikeは、自分の半分に女子学生が多いことを誇りに思っていますが、日本全域で相撲クラブが不足しているということは、相撲をする多くの女子学生が柔道とレスリングを訓練することを意味すると言います。

彼のスター弟子は12歳の原ニコリです。 彼女は地元相撲大会で優勝し、2回目の女全国ワンパーク大会に出場する準備をしていました。

ワンパク全国小学校女子大会に参加する少女たちも柔道とレスリング出身です。

その大会は同じ同年代の男性のために初めて開催されてから30年余りが去る2019年に初めて女の子たちに開放されました。

Ouikeは女性相撲大会の存在についてはまだ広く知られていないと述べた。 彼はCNNとのインタビューで「もっと多くの女の子が自分に相撲を試みる機会があるという事実を知らないという事実が残念だ」と話した。

スポーツをしたい女の子は通常、学校やコミュニティで男女共通の相撲クラブに参加することから始まります。 日本代表チームのコンヒヨリによると、相撲に追いつきたいなら、相撲クラブで女性を歓迎する日本の数少ない大学の一つに入る。

子供の頃、Konは日本の北部愛知県の地域クラブで訓練を受け、京都県の立命館大学相撲クラブに加わりました。

観察者は、少女が試合中に少年たちより正面勝負をするのをあまり恐れているようだと言います。

現在、彼女は愛知県にある日本企業で働いており、素人女性相撲選手として国際大会に参加しています。 彼女はより多くの女性が相撲に従うことを望んでいますが、時々男性のコーチが女性の相撲選手の志望者にどのように反応するかを理解していないことがあると言います。

今年のWanpaku小学校女子大会では、コンはMCに出席し、興奮した両親と好奇心旺盛な視聴者が競技者を応援しながら、レスリング選手のスキルの解説を提供しました。

相撲の視聴率は、日本の他の2つの主要な観客スポーツである野球やサッカーと競争しながら、過去20年間に減少しました。

しかし、それは日本相撲協会が創造力を発揮するよう促しました。 去る10月に パートナーシップを発表した ピカチュウのようなマスコットがWanpakuにパレードをして、新しい若者にアピールするのを見たPokemon Inc.
第1回ワンパーク全国小学校女子大会が2019年に初めて開催されました。

全国ワンパーク大会では、すべての女の子が マワシ、 または、梁、スパンデックスショーツ、レギンス、トーナメント発行のTシャツ(年齢別の色分け)。 これらのトーナメントは、日本の相撲競技がどれほど進化したかを示しています。 Konは言った。

コーンはCNNスポーツに「日本社会は女子相撲に対する支持が高まった。今年で『女子ワンパーク相撲』を開催して2年目だ」とし「私たちが0個から1個、もう2個のトーナメントに進出したことを誇りに思う」と話した。

以前は東京の両国国技館で開催された大会なので、地域予選で優勝した少女たちは全国決勝戦に進出できませんでした。 春、夏、秋のプロ相撲トーナメントを開催するスポーツの精神的故郷として知られており、女性は参加できません。 dohyo

未来

相撲は収益性の高い職業になることができますが、現在の給与は相撲専門選手にのみ支払われます。 上位2位 その6つの部門のうち。 タイトルを持つ相撲選手 横須奈、部門の上位にいる人は約100万ウォンの基本給を受けることができます $25,000 賞金に加えて毎月。

アマチュア相撲選手だったジョン・ガーニング(John Gunning)によると、相撲世界が素人レベルで競争する女性を怒らせてはいませんが、女性にはまだ経済的な機会がないという。

Konは、彼女の夢は女性が社会に進出するのを見るのではないと言います。 オズモ。 代わりに、彼女は男性のように相撲で生計を立てることができる選択肢を持つことを望みます。

Konは「女相撲は些細なスポーツとみなされ、日本の女性代表チームは資金不足で訓練キャンプを構成できない」と話した。 「主な問題は、どのようにリーグを作成し、アマチュア相撲をプロにすることができるかということです」

女子ジュニアとシニアの世界選手権大会が開催され、オリンピックスポーツになるためには、相撲で女性と女性の数を増やすことが不可欠です。

2018年国際オリンピック委員会(IOC)は相撲をスポーツとして認めたが、まだオリンピック種目ではない。 しかし、Konのようなアマチュアレスラーは、次世代の女性レスラーがより大きなステージで競争できることを願っています。

柿原瀬奈(右から2番目)がまた別の優勝を獲得した後、同僚たちと一緒に写真を撮っている。

Wanpakuに戻り、ファンデミックの中で競争なしでほぼ​​2年を過ごした後、緊張が高まりました。

女の子が隣で両親とコーチで練習するとき、一部の観客はCNNに女の子がリングで正面勝負をするのを恐れているようだと言いました。 他の人は、クラブで男性と男性の数が女性と女性より多いので、娘が相撲に参加するのを心配していると言います。

ディフェンディングチャンピオンのカジワラは、リングの上に恐怖がないと言います。

敗北の危機に瀕しているように見えた彼女は、運を変えて12歳の少女のための2021「グランドチャンピオン」トロフィーを獲得しました。

来年、彼女はWanpakuで競争するには古すぎるが、彼女は古代スポーツを練習し続ける故郷兵庫県郊外の中学校に進学することを目指しています。

カジワラは、「相撲をすれば、決してあきらめずに鍛えなければならないことを学ぶことができます」と言いました。

READ  アングル:治療後も継続コロナ後遺症完治の目的なし心に傷| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close