理科

日本の子供たちの身体能力はファンデミックで悪化する

日本スポーツ庁の調査によると、日本の子供たちの身体能力は、COVID-19の流行により運動機会が奪われ、2年前の4月に始まった2021年度に悪化しました。

小学校5年生と中学校2年生の男子生徒と女子学生の両方で、全体の遂行スコアが落ちた。 男子生徒のスコアは、2008年度にアンケート調査が開始されてから最低水準を記録しました。

今回の調査は、小学校5年生の約103万人と中学校2年生の約98万人を対象に4月から7月まで行われた。 彼らの身体能力は8つのカテゴリーで評価されました。 2020年度はファンデミックのため年次アンケートが中止されました。

小学校5年生の男子生徒は2019年度53.6点から52.5点に落ち、女子学生は55.6点から54.7点に落ちた。

中学校2年生の男子生徒のスコアは41.6点から41.1点に落ちた。 女子学生の場合、50点から48.4点に落ちた。

カテゴリー別には、上半身の立ち上がり、横向きの走り、長距離走りでスコアが急激に低下しました。 50メートル走りとボール投げ部門でも点数が下落傾向を見せた。 ストレッチではスコアが小幅上昇した。

また調査によると、体育を除いて週に7時間以上の体育とスポーツをする若い層の男子学生の割合が初めて50%以下に落ちた。 シェアは他のすべてのグループでも低かった。

子供の約40%はファンデミックのために運動に費やす時間が減ったと答えたのに対し、約30%はもっと多くすると答え、子供が運動に費やす時間の双極化現象が深化していることを強調しました。

アンケート調査によると、子供たちはスマートフォンを使ってゲームをプレイするのに時間を費やしました。 小学校5年生の男子生徒の15.9%が1日5時間以上のスクリーン時間を有した。

アンケート調査によると、すべての男児と若い女の子グループの肥満率も史上最高値を記録した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  Quantum Monte Carloフレームワーク内での成功フォノン計算

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close