トップニュース

日本の子供の人口減少、40年ぶりに最低値記録



「鯉のぼり」鯉のぼりは2021年4月26日栃木県那須塩原の川を飛ぶ。 日本では5月5日子供の日を記念するために伝統的に鯉のぼりが飛んでいきます。 (毎日)

東京(教徒) – 日本の推定児童人口が40年連続で減少した後、過去最低を記録した政府資料によると、火曜日に日本の人口の高齢化の証拠が追加されました。

総務部によると、14歳以下の子供の数は、4月1日現在1,493万人で、1年前より約19万人少なく、1950年以降、比較可能なデータの中で最も低い数値です。

全人口に占める子どもの割合も47年連続で減少した後、11.9%で最低値に落ちました。

UN人口統計年報によると、日本は人口が4万人以上の33カ国のうち、韓国の12.2%とイタリアの13.3%よりも低いが割合が最も低い。

文部科学省は、子どもたちが765万人の少年と728万人の少女で構成された。

2歳以下の子供は265万人で、他の年齢層に比べて相対的に低く、出生率の減少を反映している。

日本の子供の人口は、1954年に2989万人に頂点を撮りました。 1970年代の初めにちょっと現れたが、1982年以降、下落し続けています。

READ  日本の株式が米国の投資家のレーダーに戻ってきた

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close