エンターテインメント

日本の字幕は、誰もが「バリアフリー」映画体験を可能にします。





聴覚障害者用字幕制作を示すコンピュータ画面が、2022年3月9日東京渋谷区に表示されます。 テキストは、会話、効果音、音楽などの映画のオーディオトラックを聴くことによって生成されます。 (毎日/大垣京香)

TOKYO – 日本では閉鎖字幕を「バリアフリー字幕」といい、聴覚障害者や難聴視聴者が映画をスムーズかつ簡単に見ることができるように設計されており、会話ですべてのオーディオの詳細をキャプションで説明しています。 効果音と音楽の音色。

また、画面の一部のイベントや登場人物について説明し、漢字の名前と用語をスムーズに読むことができる日本語字幕機能があり、誰もが映画をより簡単に理解することができます。

非営利団体であるメディアアクセスサポートセンター(MASC)は、視覚障害者や低視力者のためのオーディオガイドだけでなく、これらのクローズドキャプションを作成します。 東京渋谷区MASC事務所で中央事務局長川野高地(58)はコンピュータ作業をしていた。 彼は30年間、字幕作業をしてきた。

川野は画面に広がる一場面を眺めながら声を逃さないという覚悟を示した。 それから彼は「改札から」のようなキャラクターの動きと「スーパーファスト」のようなラインをすばやく入力しました。 ムービースクリプトを「参考用」として使用して、オーディオを聞いてテキストに変換します。 彼はまた、外国映画の字幕のように、行を要約することをできるだけ避けています。 耳鳴りや難聴がある人は、すべての言葉を把握したいからです。

また、川野は実際に音を聞いたことがない人のために理解しにくい表現を避けようとします。 例えば、ドアを叩く音は、「ton-ton」(knock-knock)の代わりに「knocking on the door」と表示される。

その他、漢字で表記された単語を読みやすさを高めるためにカタカナと表記し、初めて登場する漢字の漢字名に読書を追加してみんながスムーズに話を理解できるようにするなどの努力を傾けています。 これはすべて、1つの映画の字幕に約2週間かかることを意味します。

Kawanoは、聴覚障害のある人のための字幕を「すべてが利用できるもの」と説明しました。 すべての視聴者の障壁を取り除くことで、たとえば、子供がいる視聴者は、子供が話しているオーディオがオーディオを溺れたときにキャプションを見て、画面に広がる内容を理解できます。





この写真は、物語を流れる閉鎖字幕を表示する拡張現実眼鏡を示しています。 (毎日/大垣京香)

彼はまた、日本の高齢化人口のニーズを解決することを目指しています。 このようなキャプションは、年をとるにつれて難聴になる人々が映画を楽しむことができるようにする重要なツールになる可能性があります。

また、話が進むにつれて、キャプションをレンズに表示する字幕機能付きの拡張現実メガネも人気を得ています。

誰もがバリアフリーエンターテイメントを楽しむように努力する姿に期待が大きい。

(日本語オリジナル:Kyoka Ogaki、ライブコンテンツ部門)

READ  スクウェア・エニックス・ホールディングス(SQUARE ENIX HOLDINGS CO。、LTD。)2020年12月31日に終了した9ヶ月の期間の財務結果を発表

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close