技術

日本の学校、ウクライナ人が学業を継続できるように寄付金を募集

祖国の死と滅亡にもかかわらず、日本語を勉強し続けることに決めたウクライナの学生たちの苦軍奮闘が東京のオンライン記者会見で描かれました。

キエフ国立言語大学の日本語教師であるIryna Shepelskaは、4月1日の記者会見でロシア侵攻後に逃げたドイツで演説しました。

涙を流し、Shepelskaは日本の同僚に「学生に機会を与えなさい」と懇願しました。

日本の学校は実際にその呼びかけに答えた。

一部はウクライナの学生に日本のキャンパスで無料で勉強するよう招待しています。 他の人は東ヨーロッパ諸国の学生のためにオンラインクラスを拡大しています。

多くの人々が費用をカバーするために公衆の寄付を求めています。

急速に拡大する一つのプログラムが、4月1日、東京西部三鷹にある国際キリスト教大学の記者会見で発表されました。

学校は、航空料、生活費、無料授業料を提供し、ウクライナから来たいくつかの学部生のために学生寮に滞在します。

岩木正一郎ICU会長は、記者会見で「困難な状況にあった学生に機会と安心できる環境を提供し、人生の喜びを感じることができることを願っています」と話しました。

ICUは、難民支援を提供するNorimasa Oriiが率いる一般財団であるPathways Japan(PJ)およびJapan ICU財団と協力します。

ICUプログラムは、日本語を勉強したり勉強していて、日本語または英語に堪能なウクライナ大学の5人の学部生に提供されます。

オファーがオンラインとは異なる手段で発表された後、少なくとも47人の学生が4月2日までサポートしました。

他のいくつかの大学がICUプログラムに参加し、ウクライナからの追加の学生を受け入れることを提案しました。

約100人の学生を収容することを目指し、11の日本語学校も参加しました。 ウクライナで200人以上の学生が支援したと管理者は語った。

リビウ・ポリテクニック国立大学のウクライナ・日本センター所長のイホール・ジョリー(Ihor Zorii)がウクライナ・リビウで記者会見に出席しました。

彼は空襲サイレンのために学生がオンライン学習を中断し、避難所に避難しなければならないと言いました。

しかし、彼らは他の人を悩ませたくないので、そこで勉強しないと彼は言った。

Japan University of Economicsは独立したプログラムで、Kyiv National Linguistic UniversityとLviv Polytechnicのウクライナの学生を受け入れています。

福岡県太宰府市にあるJUEは両ウクライナ大学と協定を結んですでに交換学生をしていました。

4月7日、新しい学期開講を控えてウクライナから来た72人の学生が日本に到着したとJUE関係者が語った。 学生は寮で生活するようになります。

大学は来年3月までにウクライナ人の登録金と生活費の両方を充てるように寄付金基金を設けた。

沖縄科学技術大学院大学もロシア侵攻を避けて逃げる科学者と学生たちを助けるために寄付を要請している。 大学関係者は「ウクライナ研究員を誘致するための手続きも始まった」と話した。

大学教授と学生の半分以上が海外から来ました。 ロシアの侵攻が始まる前に、すでにウクライナの学生とウクライナのスタッフがいました。

管理者は、大学が科学者と学生を誘致し、ウクライナが科学と学術機関を再建するのに役立つときに寄付資金を活用すると述べた。

オンラインクラスへのアクセスを提供

ウクライナから来た山梨大学職員が3月24日、甲府で記者会見に出席します。 (Katsumi Mitsugi)

山梨大学はロシアの攻撃で授業を聞けないウクライナの学生たちにオンライン授業を提供している。

Kofuに拠点を置くこの大学は、Kharkiv Aviation Instituteとも呼ばれるウクライナ国立航空宇宙大学を卒業した従業員を雇っています。

そのつながりで、日本の大学はハルキウにある12の大学の修士課程の学生に、人工知能と水質環境を含む13の科目の授業を提供しました。

このプログラムは、コロナ19のために日本に来なかった留学生のために準備された英語教材を使用しています。

大学の関係者は、プログラム参加者として登録されているウクライナの学生にIDやその他のアクセス情報を送信すると言いました。

島田信治山梨大学総長は「教育者の使命の一つは、勉強を願う学生に自分を提供することだ」と語った。 「日本全域の大学が私たちの足跡に従うことを願っています。」

東京外国語大学(TUFS)は5月末から9月までウクライナの大学生のためのオンライン日本語授業を提供します。

会社員が主に使用する拡張プログラムであるTUFS Open Academyの枠組みに従って、毎週金曜日の午前と夕方に連続授業が行われます。

手数料34,000円($277)が免除されます。

適格な学生はウクライナまたは第三国でコースに参加できます。 TUFSの関係者は、より多くの学生が支援すれば特別クラスを開設できると述べた。

TUFSはまた、ウクライナの学生が大学で正規の授業に参加できるようにする計画も検討していると関係者らが付け加えた。

東京大学はロシアの侵略のために活動を中断しなければならなかったすべての国籍の学生と研究員を一時的に受け入れています。 彼らは大学の大学院や他の研究ユニットによって提供される特別なプログラムを受講することができます。

また、日本語の授業と相談も受けられます。

大学は旅行経費を充当し、1年間の生活費で月8万円程度を提供する計画だ。

大学だけでは必要なすべての支出を充当できないと基金を設けて寄付を促している。

(この記事は上野ハジメとシニアスタッフライターマスターニフミオによって書かれました。)

READ  PS5とXbox Series X在庫が今夜Walmartに到着します。 確認しなければならない時です。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close