理科

日本の学校に通う兵士の子供たち、文化に浸る記事







相模台中学校に通うナオミとアビガイルレイが、日本の相模原ファミリー住宅街にある自宅の外でポーズをとっている。 Ray家族には、地元の文化に没頭するために日本の学校に通う3人の子供がいます。
(写真ソース:写真提供)

オリジナルを見る

SAGAMIHARA FAMILY HOUSING AREA, 日本 – Sgt. クラス1 Georgette Rayの子供たちは、昨年の秋に初めて日本の学校に入学しました。

言語と文化の理解が全くない彼女の3人の子供は、外国で授業を受けることになるという期待感で焦りました。 彼らの両親も同じだった。

軍隊で20年を務めたGeorgetteと彼女の夫Roderickには、最初に子供たちを登録するために日本語で印刷された様式の杭が厳しいことになりました。

日本の医療部門の活動の分離の上司であるGeorgetteは、「当初はすべての書類作業と翻訳作業のために非常に圧倒的でした」と述べました。

子供をオフポスト学校に送ることを選んだ米軍の日本の両親は、同様の困難に直面していますが、子供がユニークな学習経験を受けるためにお互いを支援することが知られています。

秋の学期が始まる頃、GeorgetteとRoderickは日本の学校で2人の女の子と一緒に別の兵士のカップルと友達になりました。 夫婦の大きな娘は、後にレイズの翻訳者として働いて、書類の仕事と学校の会議を助けました。

Ray家族は、その後、子供たちが宿題をするのを助けるために日本語教師を雇い、学校には授業を案内する英語を話す教師がいます。

「彼らがいなかったら、私たちはそれを通り抜けることができたかもしれません」とGeorgetteは言いました。 「彼らが私たちを助けたのは本当に幸運でした」。




沙波台中学校9年生のNaomi Rayは、2022年3月25日に日本、Sagamihara Family Housing Area近くの日本の学校でクラスメートが一番好きなものを強調する美術プロジェクトを進めています。 二人の兄弟姉妹も日本の学校に通っています。 地元文化に没頭する方法で。



沙波台中学校9年生のNaomi Rayは、2022年3月25日に日本、Sagamihara Family Housing Area近くの日本の学校でクラスメートが一番好きなものを強調する美術プロジェクトを進めています。 二人の兄弟姉妹も日本の学校に通っています。 地元文化に没頭する方法で。
(写真提供:Sean Kimmons)

オリジナルを見る

日本行

昨年、家族の次の目的地を決めたとき、ジョジェットは子供たちが全会一致で日本を選んだと言いました。

「彼らはみんな日本を選んだ」と彼女は言った。 「だから私はここに来て、彼らが文化を体験させ、ドアの外を体験するのをやめたくありませんでした」。

Roderickは次のように付け加えました。 「他の言語を学び、慣れていないグループの一員になる方法を見つけることをお勧めします。」

Georgetteは、彼らの子供たちはすでに彼女とははるかに異なる子供時代を過ごすことができたと言いました。 日本に加えて、軍はレイの家族をコロラド州、ニューヨーク、テキサス州、ワシントンDC地域に連れて行きました。

彼女の子供たちが経験した多くの動きは、彼女が育ったケンタッキー州ホプキンスビルの小さな都市生活から出発したものです。

子供の頃、Georgetteは、彼女のような兵士の子供がするのが難しいかもしれない長期的な友情を築く機会があったと言いました。

「はい、彼らは人々に会い、友達を作ることができますが、彼らは去るか、私たちは去ります」と彼女は言った。 「その根を立てることができないことは、彼らにとって挑戦的なものの一つでした」。

一方、彼女の子供たちは旅行をし、新しい人々に会い、世界の知識を広げることができました。

「私の子供たちは、私が夢見ていたものよりはるかに多くを報告することができました」とGeorgetteは言いました。




兵長2022年3月25日、相模台小学校に通う息子ロデリックジュニアが2022年3月25日日本相模原ファミリー住宅街近くの日本学校で在学しながら作った作品を披露する一等ジョジェットレイを見守っている。








1/2

字幕表示+
キャプションを隠す –


兵長2022年3月25日、相模台小学校に通う息子ロデリックジュニアが2022年3月25日日本相模原ファミリー住宅街近くの日本学校で在学しながら作った作品を披露する一等ジョジェットレイを見守っている。
(写真提供:Sean Kimmons)

オリジナルを見る




レイ家族が日本旅行中に写真のためにポーズをとっています。 家族には、地元の文化に没頭するために日本の学校に通う3人の子供がいます。








2/2

字幕表示+
キャプションを隠す –


レイ家族が日本旅行中に写真のためにポーズをとっています。 家族には、地元の文化に没頭するために日本の学校に通う3人の子供がいます。
(写真ソース:写真提供)

オリジナルを見る

文化に適応する

近くの相模台小学校に通う末っ子ロデリックジュニア(8)はすでによく適応している。 今月に新しい学年が始まると、彼は3年生になります。 彼は科学についてもっと学びたいと言った。

休む時間には他の学生たちとゲームもして、アメリカ料理より日本の学校給食、特に豆腐スープが好きだという。

日本のアニメを描くのが好きな活気に満ちた少年も、多くの言語を習得し、定期的にクラスメートと会話します。

Roderick Jr.は、「私は他の人が話すことができる言語を使っているので、普通に感じられます」と言いました。

12歳のAbigailは、14歳の姉Naomiが通っているSagamidai中学校で7年生を始めます。

Abigailは今、日本語の「カタカナ」の文字を読み書きすることができ、言語能力に自信があると言いました。 彼女は時々両親のために翻訳を助けます。

Abigailは笑顔で「両親よりももっと知るようになり、気分がいいです。 「両親が私に何かを求めなければなりません。」




一番上の行の一番右にあるAbigail Rayが日本学校で6年生を終えた後、卒業式に出席しています。 彼女は現在、姉・ナオミが通っている相模台中学校7年生に通っています。








1/2

字幕表示+
キャプションを隠す –


一番上の行の一番右にあるAbigail Rayが日本学校で6年生を終えた後、卒業式に出席しています。 彼女は現在、姉・ナオミが通っている相模台中学校7年生に通っています。
(写真ソース:写真提供)

オリジナルを見る




Abigail Rayは日本の学校で彼女の先生の一人と写真のためにポーズをとります。 レイは現在、姉・ナオミが通っている相模台中学校7年生に通っています。








2/2

字幕表示+
キャプションを隠す –


Abigail Rayは日本の学校で彼女の先生の一人と写真のためにポーズをとります。 レイは現在、姉・ナオミが通っている相模台中学校7年生に通っています。
(写真ソース:写真提供)

オリジナルを見る

Roderickは、食料品の買い物をするとき、彼と一緒にいる間、子供たちはその言語を話す従業員と一緒に日本語を頻繁に練習すると言いました。 子供たちはまた、彼らから新しい言葉を学びます。

「ここの文化はコミュニティ全体のようです」とRoderickは言いました。 「それはあなたの子供で、それは私の子供です」というアメリカの学校とは異なります。 すべてチップイン」

ナオミは言うよりも日本語をはるかによく読んでいますが、まだ日本についてもっと学びながら二重言語を話す挑戦が好きだと言いました。

「私は愛する [cultural] 違いを見つけるのが面白い」と述べた。 「私の脳が働きます」

9年生になるナオミは芸術的な面もある。 彼女は彼女の部屋が様々なキャンバス、パステル、色鉛筆で「芸術の混乱」だと言いました。

開校の最初の週に、ナオミはアメリカ文化の絵を描くように頼まれ、それについてクラスで話しました。

そして、他の生徒と交流するために、アニメ、野球、バスケットボールなど、生徒が一番好きなものを表す数少ない絵を描きました。

ナオミは「これは私が自分で作ったプロジェクトでした。 「快適な地帯を離れて、授業に他の人に会いたかったのです。」

Georgetteは、子供を日本の学校に送ることにした決定が、子供が新しい環境を探索するときに学業に若干支障をきたす可能性があることを理解しています。

しかし、彼女は子供たちが最終的に追いつくことができると信じています。 そして、柔軟性や逆境を乗り越えるなど、彼らが今学ぶ技術は、大学のサポートやインタビューでそれらを引き立てることができると彼女は言った。

Georgetteは、「ほとんどの人が得られない機会です。 「私たちは幸運にそれを得ましたが、なぜそれを使用しないのですか?」

誇り高い母親は、子供が時々ストレスを受ける環境に切り替えることができた方法に感銘を受けたと付け加えました。

彼女は「慣れるまで毎日着実にやってみると帽子が剥がれる」と話した。 「私は両親と教師の懇談会に出席するためにそこに行くと怖いです。 そして彼らは毎日これを経験します。 私は彼らが文句を言うことを一度も聞いたことがなく、彼らは本当にそれを楽しんでいるようです。

関連リンク:

待機! 兵士の子供の月

日本駐留米軍ニュース

USAGジャパン公式ホームページ

READ  地球の奥深くで全地球的規模での量子相転移が検出されまし

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close