トップニュース

日本の学校の生徒が病気に込められたメッセージを送った。 37年後、ハワイに流され

投稿者:Junko OguraとSara Spary、CNN

NS ガラスびん 1984年のメッセージが込められたメッセージが、ハワイに押されて、9歳の少女が発見した。 日本の高校生が実験の一環として、海に落としたか、37年ぶりです。

NS 瓶の中に入れられたメールを、「海流調査」というタイトルのこの作品は、海流のための学校のプロジェクトの一環として、学生が作成し、日本の西三宅島付近の黒潮に配置しました。

中封印された1984年7月の手紙には病気を発見した人に、学校のジョシュ高校に返却してほしいという内容が含まれていた。

に指定されたボトルの検索 地域の平均 ハワイで9歳アビーグラハム的には、 彼女がそれを発見したとき、ハワイヒロ時近くのビーチに家族の訪問でした。 約4,350マイルを旅しました。

学校はマスコミ声明で海流調査の一環として、1984年に450本、1985年には300の病気を追加で発売したと明らかにした。

これまで51個発見されて返されました。 しかし、学校側は、2002年後に発見された唯一の病気だと付け加えた。

実験の他の病気は、米国のワシントン州、カナダ、フィリピン、中部太平洋のマーシャル諸島から押し出されてきた。

1984年の科学サークルのメンバーだった元学生だった神田真由美(Kanda Mayumi)は病気がこのように久しぶりに戻って登場したことに驚いたました。 彼女はその知らせを聞いて、「高校時代の郷愁を呼び起こす思い出がよみがえった」と言いました。

Choshi High Schoolは、学生がAbbieに返したことに感謝の手紙を送る計画だと言いました。

彼らは手紙と一緒にプレゼントとして良い貨物を示すために使用された漁師の旗の一種であるミニチュアTairyo-bataを含むことと言いました。

CNN-ワイヤー
™&©2021 Cable News Network、Inc.、WarnerMedia会社。 すべての権利を保有。

READ  日本の人口と社会的期待の調和

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close