日本の学生が開発した技術、テキサスで開かれたSXSWワールドテックイベントに注目

Estimated read time 1 min read
小林康弘/読売新聞
Taiga Someya(右)が3月13日にテキサス州オースティンで開催されたSouth by Southwest技術イベントで、彼のチームのモーションキャプチャ技術を説明しています。

テキサス州オースティン – 先週、テキサスで開かれた世界最大の情報技術関連イベントの一つであるSouth by Southwest(SXSW)で日本大学で開発されたデジタル技術が注目を集めました。

創業に対する学生たちの熱意が高まっており、世界的に大きな跳躍のために若い時代の経験を積むために海外に活発に旅行を去る人も多いです。

元東京大サッカー部員で構成された研究チームのある関係者は「選​​手の動きを3Dイメージに変換すれば選手の意思決定や動き方に問題があるか確認できる」と話した。 チーム。

SXSWでは、チームは、カメラがゴールキーパーや他の選手の動きをキャプチャし、それを分析して競技力の向上に役立つ3D画像に変換する技術を実演しました。

研究チームは大学選抜大会で優勝し、SXSWでこの技術を展示することになった。 アメリカのイベント期間中、ヨーロッパの多くの名門サッカークラブの関係者がブースを訪問して関心を示したとグダンは伝えた。

青少年サッカー代表チーム候補だったソメヤ大河(25)は「日本に滞在したら決して経験できなかった経験ができた」と話した。 「参加を通じて今後の技術商用化に向けた推進力を得ました」

東京大学のほか、東北大学、岐阜大学、名古屋工科大学のチームがSXSWブースを設置しました。 あるブースでは超音波を使って3D映像の触覚を再現する技術を実演し、別のブースでは人工知能を活用してアニメ大使を自動的にダビングする技術を実演した。 一部のブースでは、製品を試してみたい訪問者が長く並んでいます。

経済産業省によると、2022会計年度に大学で創業したスタートアップ数は3,782社に達し、2014会計年度比2倍以上増えた。 このような増加の背景には、大学の支援が増え、起業家精神に対する認識が高まることによる。 在学生。

2014年からSXSWに学生を派遣してきた東京大学スタートアップインキュベーションおよび起業家精神担当理事である武藤菅原(Taketo Sugawara)は「過去10年間、学生の水準が確実に向上した」と話した。

一方、Apple Inc. そしてGoogle LLCのような巨大な技術企業はまだ日本に登場していません。 米国に比べて日本ではスタートアップが投資誘致に苦しんでおり、グローバル化の中で起業家の国際経験が不足しているという評価を受けている。

今回のイベントが開かれる都市であるオースティンは、米国最高の先端技術都市の一つとして知られており、電気自動車メーカーのテスラ(Tesla Inc.)本社が位置する場所でもある。 多くのIT専門家がSXSWを訪問し、予備の創業者に海外進出の機会を提供してきました。

菅原は「グローバルマインドを持つ若者の持続的な増加は、結局、日本が10年以内にエロンマスクなどのビジネスリーダーを排出するのに役立つだろう」と述べた。

READ  無限とそれを超えて:アメリカと中国は宇宙覇権のために戦っていますが、インドとJaは
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours