トップニュース

日本の学術会議の会長に任命拒否は違法の可能性と批判| 日本の学術会議| NHKニュース

「日本学術会議の「会員候補6人が任命されていないことについて、会議の会場2人野党の会議に出席し、在任中二回会員候補の任命など、政府の関与があってことを明らかにしたうえで、今回の政府の対応は、法律違反の可能性があると批判しました。

野党の会議は3年前の2017年までの6年間、「日本学術会議の」の会場を務めた東京大学の大隆名誉教授と大西さんの元会長を務めた東京大学広渡清吾・名誉教授が参加しました。

このうち大西氏は在任中、4年前の2016年に実施された会員の定年による補充人事と3年前2017年の新会員候補の指名に首相官邸参加があったことを明らかにしたしました。

そして4年前に補充人事は官邸が難色を示して空席となったのに対し、3年前に会員候補の挨拶は候補者を決定し、前の手順で官邸で典型的な状況について説明を要求したが、会議の推薦通り取付けが行われたになります。

大西氏は、政府の対応について、「会議のメンバーになるのは、学問の表現の手段である。その機会を奪われは調査の自由を制約している。また、審査基準とは異なる基準を適用して任命を拒否したと、日本の学術会議の法違反になる」と述べた。

また、広渡氏は、「今回の決定は、明らかに、日本学術会議の法に反すると判断で、菅首相の行動は完全に間違っていたとしかいいようがない。任命されていない6人を除いた場合、会議が総合的マクロかどうかを適切に説明する責任がある」と述べたそれぞれの政府の対応を批判しました。

READ  日本が緊急解除後も、いくつかのCOVID-19の措置が残っていることがあります

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close