トップニュース

日本の学術会議の衆院内閣委員会で議論議論については、| 日本の学術会議の

k10012651691_202010071221_202010071226.mp4

「日本学術会議の「会員候補6人が任命されていないことを置いて7日に開かれた衆議院内閣委員会の閉会中審査で議論が行われました。

閉会中審査は必要があり、すべての「日本学術会議の「会員候補6人が任命されていないことを置いて質問が出ました。

与党側の質問

自民党の薗浦健太郎氏は「今回の措置は、日本学術会議の法律に違反したり、学問の自由を侵害するものでなければ国民に分かるように説明しなければならないか」と要求した。

これに対して、内閣府三林次官は「任命権者の総理大臣が法に基づいて任命されたもので、法律違反という指摘は当たらない。また、個人的に持っている学問の自由に対する侵害とは思わない」と述べた。

安保関連法などの立場が、今回の任命決定に影響を及ぼしたではないかという指摘に対して内閣府の大塚官房長は、「人事に関するもので詳細は控えるが、菅首相も、今回の任命と法案の立場は関係がないという説明があったと知っている」と述べた。

野党側の質問

立憲民主党の今井雅人氏は、1983年に政府が「形だけの推薦製である」と回答したのに対し、一昨年政府の「推薦通り任命する義務があるとまでは言えない」などと、ドキュメントを整理していたことについて、「解釈変更がないか」と手がかりました。

これに対して三林次官は「公務員の選定罷免権が国民固有の権利という概念から見ると、任命権者の首相が推薦と任命しなければならないというわけではない。任命第されたときから、このような考えを前提にして、考えを変えたわけではない」と述べた。

また、指名していない理由を説明するように要求したのに対し、大塚官房長は「菅首相任命権者として、日本学術会議の総合的マクロな視点で活動を進めてくれための法律に基づいて約束をした」と述べた。

そして会議の独立性と関連し、 “首相が責任を持って会員を任命することと会員の職務の独立性とは直接関係ない」と述べた。

日本の学術会議の事務局長「これまで以上に非常に驚愕」

会議福井事務総長は一昨年政府からの文書をまとめた経緯について、「2017年に会員の半分が改善された後、1年ほど経過して、今回の改善のための指名された人よりも多くの候補者推薦の数と推薦と任命の関係にに対して法的整理をした」と述べたうえで、首相官邸の指示でまとめたものではない説明しました。

そして、今回の6人任命されていないことについて、「これまでなかったので、非常に驚​​愕した」と述べた。

内閣法制局」の形式に任命という技術がある」

内閣法制局の木村最初部長は、1983年当時の資料を確認したと」「オススメの推薦に基づいて、電源を任命するものとなっており、形式的な取付けである」という説明がある」と説明した。

さらに、「その技術がどのような理由や経緯に含まれていると、当時、具体的にどのようなやり取りがあったのかは詳しくない」と述べた。

加藤官房長官「「電源」と「会員」読んで間違ったことを知っている “

加藤官房長官は午後の記者会見で、内閣法制局の木村最初部長が7日衆議院内閣委員会で、1983年当時の資料を確認したと」「オススメの推薦に基づいて、電源を任命するものとなっており、形式的な任命」という技術がある」としたことについて、「「電源」と言わたが、ドキュメントは、「会員」があり、それを読んで間違ったことを知っている。 間違えたことを、国会にも説明している知っている」と述べた。

野党側は「政府の説明はまだ不足」

立憲民主党など野党は、政府の説明はまだ不十分だと会議の会場経験者に聴覚などを通じて事実関係の解明を続け、政府の明確な説明を求めている方針を確認してくださいました。

立憲民主党、共産党の国民民主党、社民党の国会対策委員長は、国会で会談を行い、「日本学術会議の「会員候補6人が任命されていないことについての調査の自由を侵害憲法違反の疑いにもかかわらず、政府の説明はまだ不十分だという認識を一緒にしました。

そして、今回のメンバーの推薦に関連する前会長の山極壽一さんと山極さんの元会長の大西隆氏などの聴聞会などを通じ、事実関係の解明を続け、政府の明確な説明を求めていく方針を確認しました。

立憲民主党のつまみ国会対策委員長は記者会見で、「今回の問題は、学術会議の10億円の予算が使用されているかどうかなどではなく、学問の世界と政治の間の距離はどうあるべきかが問われている6人なぜ除外された明確な説明がない場合、毎日のように求めていく」と述べた。

官房長官「学問の自由に対する侵害にならない」

加藤官房長官は午前の記者会見で、「憲法23条に規定された調査の自由は、広くすべての国民に保障されたもので、特に大学で学問研究の教授が自由に実施することを保証したものである認識している。学術会議の会員が個人的に持っている学問の自由に対する侵害はいけないと思う」と語った。

また、一昨年政府から整理した文書について、「指名された人よりも多くの候補者を推薦することを推奨と任命の関係の法的整理をしなければなら、それに伴うた」と言いましたした。

さらに、政府側が1983年の参議院文教委員会で、「形だけの推薦制で、学会から推薦を受けた者は拒否しない、そのままの形だけの約束をしていく」と答えたもので整合性については、「過去の回答も踏まえからの文書は、作られている」と述べた。

立民に加え代表「政府の姿勢に強い憤り」

立憲民主党枝野代表は記者会見で「議論を期待したが、残念ながら期待は裏切り法律の解釈の変更にも任命していない理由も全くゼロ回答では何も説明しない言い訳すらしようとしていない政府の態度を強い怒りを持って受け入れている」と述べた。

また、「任命権者は、内閣総理大臣のために行った総理大臣に具体的な説明をくれなければならない。政府は速やかに6人を任命一日も早くこの違法状態を解消する必要があり、その責任も追及する」と述べた。

READ  マルセイユの指揮官ビラス=ボアス、長友佑都期待も控え扱い? 「おそらくヴィバックアップ」(GOAL) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close