理科

日本の宇宙センター、火星とその向こうに定着するための努力に参加

TOKYO – SF映画の一場面のように荒涼とした赤い砂漠で神秘的奇妙な形の構造物が湧き上がります。 内部には建物が緑の芝生に立ってボートはほぼ垂直に近い壁に沿って鮮やかな青い水を横切って航行します。

このコンピュータアニメーションの図は、京都大学の人間宇宙学センター開所から火星に生きるための潜在的なビジョンとして発表された。

このセンターは、NASAのArtemisプログラムがアポロ計画以来、米国初の月面着陸を目指すプロジェクトとRichard BransonのVirgin GalacticとJeff BezosのBlue Originの最新飛行のようなプロジェクトで、宇宙旅行のための新たな関心の波の中で設立されました。 。 Elon Muskが率いるSpaceXは、今後10年以内に人を火星に送ることを目標とします。

10月に設立され、6月に完全に発足した京都大学の中心は、人間が地球から遠く離れて住んでいるために必要な技術の開発に日本が貢献できるよう支援する計画です。 センターは、民間部門と協力しています。

奇妙な構造のビデオは、センターの5つの主要な研究領域のいずれかの概念でした。 地球のような人工重力がある居住地、総合請負業者Kajimaと作業している課題です。

月と火星の低い重力(それぞれ地球の1/6と1/3)は、筋肉や骨の質量を維持して構築することをより困難になります。 センターでは、この問題を解決するために、宇宙旅行者の健康を維持するために、さまざまなアイデアを追求することです。

センターの研究テーマには、また、宇宙での木材の使用、放射線の影響を受け、宇宙教育、宇宙と地球探査のための技術が含まれます。

センターのディレクターであるYosuke Yamashikiによると、これらの分野は、「宇宙の分野で、日本の産業の強みを活用することができる可能性」に基づいて選択された。

一度も独自に宇宙任務を遂行したことがない、日本がどのように宇宙開発競争に参加するかどうかが尖鋭な質問である。 大学と産業が力を合わせて、適切な道を模索することです。 宇宙事業は着実に他の分野のプレイヤーを引き込んでいます。

京都大学は、米国、アリゾナ大学と共同で、宇宙のキャンプを開始しており、このプログラムの一環として、日本の学生が訪れます。 (写真提供:京都大学)

Yamashikiは「現在のフレームワークの外部からのパートナーシップの範囲を拡大したいと思います」と言いました。

宇宙センターのメンバーには、NASAの職員と日本の宇宙飛行士も、この高尾、山崎直子が含まれます。 センターは、数ヶ月間の組織構造を終えた後、6月から本格的な活動を開始しました。

研究開発に加えて重要なテーマは、人材育成です。 教育プログラムは、講義と実習の両方が含まれます。

2019年京都大学は、米国アリゾナ大学と共同で、宇宙のキャンプを開始しました。

合同キャンプは、米国アリゾナ州で再び開かれる予定である。 そこで太平洋の両側の学部生は、地球環境が火星で複製することができるかどうかを研究する陸上生物圏からの時間を過ごすことになります。

日本では、無線通信だけでなく、海と森の環境を含む実習訓練の機会があるでしょう。 宇宙飛行士土井は今回の訓練に参加し、宇宙探査を通じて得た知識を大学生に伝える予定だ。

READ  地球から月に吹き風に月の一部が溶けあることが判明 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close