トップニュース

日本の宇宙企業ispace、月に着陸を送ることを目指して – TechCrunch

東京に拠点を置くispaceはSpaceXロケットに乗って発射した後、カナダと日本のローバーを月面に伝達するために選択された。 この会社は、最近公開されたHakuto-R着陸を現在2022年と2023年に予定され両方の任務にも使用されます。

カナダの宇宙機関は、着陸に乗るために、それぞれ別の科学ミッションの3つのカナダの民間企業を選定しました。 Mission Control Space Services、CanadensysとNGCは機関のLunar Exploration Acceleratorプログラムの一部であるCSAの機能のデモプログラムに基づいて賞を受けた最初の会社です。 2020年2月、カナダ政府が発表したLEAPは、カナダの民間産業の宇宙内のデモと科学ミッションをサポートするために、5年間で1億5千万ドルを策定しました。

任務の一環としてispace着陸はアラブ首長国連邦のThe Mohammed Bin Rashid宇宙センター(MBRSC)の22ポンドプローブ “Rashid」を導く予定です。 プローブには、宇宙ロボット会社であるMission Control Space Servicesの人工知能飛行コンピュータが搭載されます。 Mission ControlのAIはRashidプローブが表面を横断するときの月の地質を認識するためにディープラーニングアルゴリズムを使用します。

ispaceはCanadensysのために、 “ミッション中の主要なイベントをキャプチャするための「カメラ付き携帯ます。 日本の会社はまた、NGCの自律走行システムのデモンストレーションのために月のイメージデータを収集する予定です。

ispaceの創設者兼CEOのハカマダ武(Takeshi Hakamada)は声明で、「CSAが許可した三社ともそれぞれispaceのサービスを月面上で実行するようにお任せ光栄です。 「私たちは、これをispaceが過去数年間CSAと一緒に開発した信頼を示すだけでなく、北米市場でispaceの肯定的な位置の認識を示しています。」

ispaceはまた、タスクを実行して、月のデータを提供することに加えてJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency)のために変形可能な月のロボットペイロードを月に出荷する予定です。 このミッションのミッション2で収集されたデータは、将来の乗組員加ローバー設計をサポートするために使用されます。

JAXAの月ロボットは、表面形態に変形される前の直径が約80mmに過ぎず、重さは約250gに過ぎません。 このミッションは、2023年に行われる予定です。 ispaceは取引の財務条件を明らかにしていない。

JAXAは、「ロボットが月面を移動する間、レゴリスの行動の画像は、ロボットが撮影した月面の画像と月面着陸のカメラが月面着陸を介してミッションコントロールセンターに送信されるだろう」と言いました。 プレスリリース。 「収集されたデータは、ローカライズアルゴリズムと乗組員加ローバーの走行性能のレゴリスの影響を評価するために使用されます。 “

ispaceは2020年7月にHakuto-R着陸デザインを公開しました。 HakutoプロジェクトはGoogle Lunar XPRIZE大会で開始されました。この大会で月探査機を月に送る最初のチームになって、500メートルを移動して、再び戻っ必要があります。 地球の写真やビデオに。 伯東を含む5人のファイナリストのいずれも発売を完了することができなかったし、大会は優勝なしに2018年に終わりました。

ハカマダは水曜日、メディアブリーフィングで詳細を提供していなかったが、MBRSCとJAXAローバーは着陸と他の配置メカニズムを持つことです。

着陸は、ドイツで組み立て中組み立て段階が始まったばかりされたHakamadaは言いました。 「私たちは、このスケジュールを合わせると確信します。」と彼は付け加えました。

月面に水を使用することはispaceの長期的な目標の一つです。 同社は今後、資源活用の活動を継続することができるより多くの能力を持つことを希望するとHakamadaは言った。

これはSpaceXロケットで発射される数か月の任務の一つであるだけです。 NASAは4月、宇宙スタートアップがArtemisプロジェクトの一環として、人間を月面に送信するように選定されたと発表し総賞金は$ 289億です。 SpaceXはまた、Firefly Aerosapceでペイロードを持ってきて2023年月着陸船を占めることです。

READ  東京都新型コロナ218人の感染を確認し、200人以上は2日連続で - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close