日本の宇宙局は何度もサイバー攻撃を受けたが、機密データは流出していないと関係者は言った。

1 min read

宇宙局サイバー攻撃

山口まり、AP通信 – | ストーリー:493487

日本の 宇宙局は昨年から相次ぐサイバー攻撃を受けたが、ロケットや衛星に関する機密情報は影響を受けず、調査を続け、予防措置を取っていると関係者が金曜日に明らかにした。

林義正官房長官は、日本航空宇宙探査局(JAXA)が昨年末から「数回」サイバー攻撃を受けたという事実を認めました。

JAXAは、影響を受けたネットワークを閉鎖し、ロケットと衛星の運用、国家安全保障に関する機密情報が含まれていないことを確認しながら、違法アクセスの程度を調査したと彼は言いました。

林首相は日本のサイバー攻撃対応能力を強化すると誓った。

日本は 軍事力の強化を加速 中国の軍事力増強に対応してこれを発展させることができることを願っています。 反撃能力しかし専門家たちは、日本が目標物に向けて長距離巡航ミサイルを発射するにあたっては、引き続き米国に大きく依存しなければならないと言います。

金曜日に、関係者はサイバー攻撃による情報漏洩について知らなかったと述べた。

鬼原みのる防衛相は、記者たちにJAXAに対する攻撃が自身の国防部に影響を及ぼさなかったが、防衛省の主要請負業者の1つであるJAXAの調査を綿密に監視していると述べた。

森山正人文部科学賞も金曜日の記者会見でサイバー攻撃による実際の被害はないと述べた。

関係者は、JAXAが現在政府のサイバーセキュリティチームと協力して対策を講じていると述べた。

JAXAは今年の宇宙プログラムで一連の成功を収めました。 1月に 月探査のためのスマート着陸船 日本は画期的な精密着陸で月面に到達し、月探査船を首尾よく設置した5番目の国となりました。 去る2月、機関の新しい旗艦H3ロケットは昨年の最初の飛行失敗以来、最初に計画された軌道に成功した。 先端観測衛星を搭載した3番目のH3飛行が6月30日に計画されています。

READ  Sony、日本に70億ドル規模の新しいチップ工場を建設TSMCに参加
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours