理科

日本の宇宙機関、10年以上、1次採用で「科学専用」の要件を排除



地球の一般的な外観は、国際宇宙ステーションで撮った写真です。 (写真提供:NASA / Kyodo)

東京(教徒) – 星の美しさを賛美するために詩人を宇宙に送ることができる未来を注視する日本の国立宇宙機関は、最初の募集を開始し、潜在的な宇宙飛行士のための科学専攻の要件を削除して視野を広げようとします。 13年ぶりに運転しました。

日本の航空宇宙探査局ヒューマン(Human)の川崎和義高位関係者は「新しい時代のために月探査に視線を固定して、科学や人文科学専攻ではなく、任務に適応できるかどうかを基準に、宇宙飛行士を選抜することです” 宇宙飛行技術部門は、今年2月のオンラインイベントで語った。

今年の秋の宇宙飛行士の募集を開始JAXAは、過去には、医師、エンジニア、パイロットのようなグループにのみ関心を傾けたが、宇宙飛行士の活動のための成長段階を提供することで月探査のような将来の努力を見ている。

同時に宇宙飛行士の平均年齢が52歳ながらJAXAは、米国主導の月探査努力と連携して、新世代を導くする緊急の課題に直面しています。

1月に発表された採用計画でJAXAは大学、短大、技術大学および専門学校の卒業生を受け入れ、自然科学の学位を所持して3年以上働いた経験のある人が自然科学分野。

JAXAはまた、成功した志願者が宇宙飛行士になる前に、10年以上の機関である必要がある前提条件を変更することを検討しています。

日本の宇宙飛行士は、他の国と同様に、今後の学校の教師と議員など新たなキャリアを積むことができると明らかにした。 すべての志願者は、日本国籍を持っている必要があります。

2008年の前の募集活動で963人の宇宙飛行士候補者のうち3人だけ採用されました。 これは成功した志願者の志願者数が約320倍に達する激しい競争を表します。

昨年、米国は月とその向こうを探査する宇宙プログラムのNASAの「Artemis Generation」に12,000人以上の新規ボランティアを追加し、成功した志願者は、この夏に発表される予定です。 2017年NASAは宇宙飛行士候補者1,500人のうち1人未満の有効合格率を記録した。

一方、JAXAは、可能な限り多くの人材を募集するために志願者の要件を緩和しました。

しかし、国際宇宙ステーションに居住する宇宙飛行士は、複雑な装置を操作して、医療実験を行うなど、科学的適性を証明する必要がある場合があります。

そして月探査により過酷な条件が含まれることが予想されることによって、人文学教育を受けた人々が、そのような環境を処理できるかどうかの疑問が提起されました。

しかし、57歳のJAXA宇宙飛行士であるKoichi Wakataは商用航空機が人文学の背景を持つ多くのパイロットを採用している点について、「重要なのは志願者が任務に必要な性向を持っているかどうかです」と付け加えました。

オンラインイベントに参加したTVプロデューサー加藤小次郎は「宇宙飛行士であると考えている人が、自分が仕事をすることができているという感じを受けることができることが重要である」と述べた。

JAXAによると、米国が主導する月探査プロジェクトは、主に月に人間が操縦する宇宙ステーションを建設することを目的とするものです。 つまり、芸術家や作家の贈り物を最大限に活用するために条件が合う前に、より多くの時間が必要であることを意味します。 宇宙空間で。 宇宙の時は、しばらく待つ必要があります。

宇宙政策の専門家であり、笹川平和財団の会長である篤角南は宇宙飛行士に必要な基本的な能力は、人文科学でも、科学でも関係なく、変わらないと主張します。

角南は「教育的背景を持つ人々は、宇宙飛行士になるチャンスを奪われてはならない」と述べた。 “私は(JAXA)が中、高校レベルで人文科学コースを分離する日本のユニークな教育システムにセンセーションを起こしてほしい」と話した。

READ  SpaceX Starshipブースターは、最初の「冷凍証明」に先立って雷雨克服

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close