エンターテインメント

日本の実験的なアイコンボリス、不気味な新曲デビュー

25年以上の間、日本のボリスは絶えず自分の限界を超えて、根本的に広範で実験的なスタイルとサウンドで創作精神を新たにしています。 今後の2022年アルバムの最初のトラック「Drowning By Numbers」で、 女性、グループはぼやけて、ミニマリストで、波状の背骨がつまらないスクリプトを裏返します。

この新しいシングルが、ボリスが残りの期間に取ったアプローチを表す場合 女性、2020年代に極端なリアクションをしている いいえ、騒々しいローファイブラックメタル美学を採用し、騒々しいスラッジロックともつれたこれまでのバンドの最も粗い録音の一つです。

「Drowning By Numbers」は、その代わりにすっきりとしたベースライン、雄大な雰囲気、ギタリストWataの息を呑む囁きボーカルで、極限の動きで一種のパレットクレンザーとして機能します。

ボリスは今回の新曲ミュージックビデオについて「2021年4月限定超大型個人ショーケースで撮影した映像だ。コンテンポラリーダンスチームとのコラボレーション公演だ。原曲で変貌して視覚化した曲だ。で踊ります。」

以下の動画をご覧ください。

女性 1月21日 Sacred Bones Recordsを通じて発売される。 アルバム予約注文 ここ 以下の作品とトラックのリストをご覧ください。

ボリス、「Drowning By Numbers」ミュージックビデオ

ボリス、 女性 アルバムアート+トラックリスト

1.「触れる方に行きたい…」
2.「アイセリーナ」
3. 「数字に溺死」
4. 「招待状」
5. 「没落者」
6. 「善と悪を越えて」
7.「古いプロジェクター」
8.「お前は分かるよ」(おはよバージョン)
9.「ジョザン」

17のメタルサブジャンルのうち「ビッグ4」

スラッシュメタルの「ビッグ4」は誰でも知っていますが、他のスタイルのメタルはどうですか?

READ  Japan Covidの懸念は、文脈で維持する必要があります

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close