日本の家計支出、14ヶ月で初めて増加:ロイター世論調査

1 min read

東京(ロイター) – 先週の金曜日、ロイター世論調査によると、日本は14ヶ月ぶりに家計支出が前年同期に比べて増加すると予想されますが、わずかな成長は消費者部門の持続的な弱さを浮き彫りにするものと見られます。

17人の経済学者を対象としたロイター世論調査によると、支出は3月の1.2%減少に続き、4月には前年同期比0.6%増加したと予想されます。 これは2023年2月以降の初の増加幅だ。

季節的要因を勘案すれば、4月の全体家計支出は0.2%増加し、前月の1.2%増加よりは鈍化したが、3カ月連続増加傾向を記録する見通しだ。

家具のスピードアップデータは、6月6日GMTに基づいて6月7日午前8時30分に提供されます。

ノリンチュキン研究所の南武志首席エコノミストは「基本物価上昇を考慮すると消費が悪化する兆しが全く見えないと判断できる」と話した。

「年間賃金交渉の結果、5%以上の賃金引き上げが行われたにもかかわらず、まだ家計の余裕が解けておらず、賃金引き上げが消費進行に役立てていない。4月の支出指標は消費支出不振を示唆する」

民間消費の弱化は、通貨政策正常化の前提条件である堅実な賃金と持続的なインフレを伴う持続可能な経済成長を達成するために努力する政策立案者たちの懸念事項だ。

去る3月、日本銀行(BOJ)は超緩和通貨政策で画期的な転換を遂げ、2007年以来初めて金利を引き上げました。 投資家は、BOJがいつ金利をさらに引き上げるかについての手がかりを探しています。

日本経済は急激な円の下落によりコストが増加し、消費者が支出を減らし、第1四半期に年平均2%萎縮しました。

(取材:茅本哲市、編集:サムホームズ)

READ  烏林材の大量発生に苦しむ日本の農民
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours