日本の家計支出、14ヶ月で初めて増加

1 min read

日本銀行(BoJ)の長期間続いた極めて緩い通貨政策は、世界4位の経済大国の低迷とデフレをなくすために考案されました(Philip FONG)。

日本の4月の家計支出は14ヶ月で初めて増加したと金曜日の公式資料によると、賃金は30年ぶりに最速で増加しました。

総務省によると、教育、衣服、自動車などの交通にもっとお金が費やされ、この数値は前年比0.5%増加しました。

3月に2007年以来初めて金利を引き上げたが、超緩和通貨政策を維持すると明らかにした日本銀行(BoJ)が来週にどのような決定を下すか注目されます。

賃金引き上げは、ウクライナ戦争などの不安定で一時的な要因によって物価が上昇するのとは異なり、需要が主導する2%のインフレを目指すBoJ戦略の重要な部分です。

林政政の報道官は「賃金の引き上げが物価の引き上げに追いつかないが、雇用と所得環境が改善され、消費者支出が増えると予想される」と話した。

日本最大企業の軽団連は先月主要企業の賃金引き上げ率が5.58%で、33年ぶりに5%を超えたと明らかにした。

米国や他の主要経済国が急上昇するインフレに対抗して戦っている間、日本の物価上昇は比較的穏やかでした。

4月にはガス料金が下落し、日本のインフレ率が2.2%に鈍化しました。

BoJの長期間続いた非常に緩い金融政策は、世界4位の経済の低迷とデフレを排除するように設計されています。

しかし、中央銀行は、膨大なインフレに対処するために借入費用を積極的に増やしたグローバル銀行の間で例外的な存在となりました。

UBSの足立正道と栗原氏は先月、日本では「名目賃金の上昇が加速すると予想されるため、消費見通しはやや良く見える」と話した。

彼らは来週の銀行会議で別の金利を上げることを期待していませんが、「私たちはBoJが次の数ヶ月以内に緊縮方向に政策を変える可能性を排除することはできません」と述べました。

彼らは「政策変化がなければ、銀行に対する大衆の批判が高まる可能性がある」と付け加えた。

nf/カーフ/ダン

READ  鯉の売り手が数千人に売ることができる、高品質の魚を供給する方法
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours