経済

日本の家計支出は「緊急事態」の抑制のために、1月に減少するものと見られる:ロイターの世論調査| ロイター| 事業

ロイター通信によると、日本の家計支出は1年前より2カ月連続減少するとみられる。

15人の経済学者を対象にしたロイター調査の中央値によると、12月の0.6%減の後、1月に家計支出は前年比2.1%減少すると見られます。 調査によると、月の時点での支出は12月に0.9%増加した後、1月に3.1%減少すると予想されます。

シンキン中央銀行研究所の角田巧シニアエコノミストは「家電製品と飲食と同じ家に留まっている需要はしっかりした旅行の外食などのサービス支出は弱体化されたものとみられる」と述べた。

世界で3番目に大きい日本の輸出依存経済は、海外需要の反発で、昨年最悪の前後低迷から回復しました。

しかし、日本が第3の感染の波と格闘しながら、継続的なコロナウイルス抑制が日本のサービス部門を席巻しています。 西村安豊島経済長官は、日本政府が東京と近隣3県に緊急事態を拡大する計画だと金曜日発表した。

日本の国内総生産(GDP)は、10月から12月までの年平均12.8%増加したと予想されており、これは12.7%の暫定値よりわずかに高い数値です。

政府は3月9日改正されたGDPデータと家計支出データを公開する予定です。

GDPは、10月から12月まで、前四半期に比べて3.0%増加し、初期推定値と同じように気づいた。

世論調査によると、資本支出は、過去3ヶ月に比べて第4四半期に4.1%増加したことが明らかにし、初期値は4.5%増加した。

アナリストは、予想よりも良い、公共支出が2020年第4四半期GDP全体を裏付けるものと言いました。

(Reporting by Kaori Kaneko; Editing by Ana Nicolaci da Costa)

READ  今週の事業| エコノミスト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close