トップニュース

日本の寄託に関する更新プラネットデフォース、LLC

これで日本から遠隔で入金が可能です! 日本で寄託スケジュールをつかむ 非常に詳細で合理化されたプロセスです。 日本は、他のどの国よりも特定のスケジュールプロトコルに厳密に従わなければなりません。 日本でコロナ19が始まって以来、確定者の発生が完全に中断された。 遠隔証言を許可しない東京駐在米国大使館や大阪アメリカ領事館で証言を行わなければならないという要件は、世界が遠隔に移動した後に事実上証言を禁止したことです。 しかし、ほぼ2年間無期限に中断された後、日本で証言をすることがもう一度可能になりました。

国際寄託世界にいる人々にとって、日本はテレビ会議や電話によるすべての寄託を禁止することが知られています。 他の国々はコロナ19に照らしてこれらの規則を緩和しましたが、日本はこれに固執しました。 しかし、米国大使館のウェブサイトによると、日本で遠隔で証人を証言することは、現在「極めて制限された基本条件で可能で、日本当局の事前承認を受けなければならない」という。 日本の遠隔寄託承認手続きから抜粋した内容は次のとおりです。

あなたが訴訟の当事者または弁護人としてあなたの時期に柔軟であり、裁判所の命令を受け取る準備ができていて、日本政府の承認を得るために少なくとも以下の情報を提供できる場合は、tokacacsに連絡してください。 @state.gov。 [email protected]に手紙を送るときは、次の情報を提供してください。 不完全なリクエストは考慮されません。

  • 訴訟当事者の氏名
  • 簡単に言えば、訴訟の懸念事項
  • 事件タイプ(民事、刑事)
  • どの裁判所にいるか
  • 映像供託希望日
  • 裁判日
  • 免職される証人の名前
  • 訴訟に対する証人のつながり
  • 米国の当事者(米国内の名前、役職、場所)
  • 日本の当事者(証人を除く名前と役職を提供)

駐日本大使館および領事館

証言が承認されても、厳しい要件が維持されます。 他のすべての参加者はリモートで出頭できますが、直接参加者(証人、弁護士1人、ビデオ撮影者)は最小限に抑える必要があります。 幸いにも、Planet Deposは東京と大阪に従業員がいる唯一の裁判所報告機関です。 私たちはまた、証言の経験を持つ多くの才能ある通訳者と協力しています。 非常に複雑で機密なIP問題 日本で。 大使館や領事館に寄託されたら、世界クラスのチームが直接訪問し、リモートで寄託を処理するという事実を知って安心することができます。

Planet Deposは、日本の裁判所報告分野の明確なリーダーです。 私たちの記者とビデオグラファーは東京大使館のすぐ隣に住んでいます! このポジショニングは文字通り「内部者」の視点を提供し、日本版の終盤スケジュールを可能にしました。 日本で寄託を予約するプロセスは通常約6週間かかりますので、本当の最後の寄託のようなものはありません。

READ  日本が花を咲かせるとき、オピニオンニュース&トップストーリー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close