トップニュース

日本の密な西表島を訪問したときの足跡だけを残し糞をお持ちください

突出したシュロの葉摘み マングローブの根の上につま先を伸ばせば湧き出る水の音が聞こえて熱帯の鳥や昆虫のつぶやき音を溺死させます。 熱帯雨林が澄んで、沖縄で最も高い段滴の滝であるピナイサラ滝の白い水根によって栄養を受けた水晶岩のプールが現れます。 日本の南端にある110平方マイルの島西表(東京より、台湾に近い)は、本土から650マイルの海に分離されており、丘に覆わジャングルと川迷路で二重に強化されています。

しかし、この楽園に落とし穴があります。 トイレが必要な訪問者は、運が良くありません。 最も近いトイレはカヤックパドル45分、ハイキング50分の距離にあります。 熱帯雨林で、自然の呼びかけに応答する必要があります。 審美問題は言うまでもなく、環境的リスクであり、訪問者の流入は、問題を悪化させるだけです。 総人口が2500人に過ぎないIriomoteは伝染病がない限り、年間最大40万人の観光客を表示します。 この数値は、島が風を吸うすぐに上昇することができます。 世界遺産に

2018年にここに描写されたビーチは、夢幻が、この島には、バスルームのソリューションが必要でした。 Eric Lafforgue / Art In All Of Us / Corbis via Getty Images

ハイカー、ヤヨウンゲク、短い観光客が世界中で屋外での事業をしながらピナイサラ滝の状況は、特に悪いこと、数万人の訪問者が小さな領域を便所に使用しています。 “あまりにも多くの人々が一緒にいるときに、同じ石を持ち上げるためにあまりにも多くの人々がその下で糞を必要します。 次に彼らはただ表面から糞を下す開始します。 雨が降れば糞と人の病原菌を水洗いします。」と、人間の廃棄物管理の専門家であり、創設者であるGeoff Hillは言う。 ToiletTech (遠距離観光スポットにトイレソリューションを提供する会社)。 「現場の品質を低下させ、ダウンストリームで病気にかかりやすくすることです。」

もちろん、多くの人間でない動物が森の中でうんちを出すが、人間の排泄物は、環境に有害なことがあります。 クランフィールド大学の土壌科学者であるDaniel Evansは “細菌は時折、人間の排泄物からの総固形分の半分以上を占めることができます。 湿った亜熱帯気候で腐敗私たちの糞は、有害な病原体、細菌、潜在的に抗生物質も土壌に放出します。 そして、いくつかのトイレ習慣は、私たちのゴミを特に問題にすることができます。 「私たちは、トイレに小便糞を出す習慣があります。」とHillは言う。 「尿と糞を一緒に混合する。基本的にはアンモニアを生産して [microbes] そうでなければ排泄物を処理することです。」

Ryusuke MatsushitaはPinaisara Falls麓であれば、一杯を食べました。
Ryusuke MatsushitaはPinaisara Falls麓であれば、一杯を食べました。 西表カヌー協会提供

西表(Iriomote)の絶滅の危機に瀕している動植物を保存し、自然のままの場所としての名声を維持するためには、解決策が切実に必要としました。 ソーシャルメディアのフォロワーたちに「マチャン」という愛称ツアーガイドの松下竜介。 松下は、ほぼ20年前に西表に来て、魅力的な環境と恋に落ちて滞在を決めた。 彼はそれ以来、情熱的なシャペロンをしてきました。 西表カヌー協会の会員である彼は、このタブーの問題を解決するために、地域の公園管理人と協力しています。

糞がたまるのは西表特有のものではない。 日本、アイスランド、アメリカなどの人里離れた公園でも登山客が残した尿や便でお困ります。 エベレスト山はヘリコプターを使用して上から糞を空輸して登山家が戻ることができるだけのゴミを回収することができる現金のインセンティブを提供しています。 西表の反応は確かに簡単だった:テントの中のトイレ。

チームは環境省からの資金を確保して折りたたみ式便器、ゴミ袋、ナイロン仕切りを製造する衛生会社に連絡しました。 元登山に設計されたこのポップアップ設定は西表の深いジャングルに実用的に適していました。

西表のジャングルに囲まれたテントトイレ。
西表のジャングルに囲まれたテントトイレ。 西表カヌー協会提供

一時便器は2019年7月ピナイサラ滝に2ヶ月の間試験のために設置され、今も残っています。 到着してすぐの訪問者は、ビジネスを実行するためにあり、高速な短期集中コースを受けます。 Matsushitaは、電子メールを介して、「ほとんどのPinaisara訪問者はガイドツアーに参加しているのでガイドが使用方法を説明してごみ袋を提供しています。」と言います。

訪問者がテントのドアを閉じると、バッグをシートの上に置き、他のトイレに座ったかのように座りました。 使命を果たすて臭いを中和させる吸収性外部ケースに入れる前に上部をしっかりと囲みます。 訪問者はツアーが終わるまで二重包装されたごみを運搬して、指定されたゴミ箱にしまいます。 最終的にはレンジャーがバッグを集めて焼却します。

厳しいトイレのエチケットで有名な国でフラッシュなしで糞を流すことは言うまでもありません。 騒音を選別する音楽– かなり急進的です。 しかし、テントトイレには、毎月約700人のユーザーが使用されるので、(オフシーズンの)Iriomoteは、これらのトイレが日本の他の地域で動作するかどうかをテストするケーススタディです。

 ゴミ袋はカートに入れて焼却します。
ゴミ袋はカートに入れて焼却します。 西表カヌー協会提供

トイレが設置された後、松下は「ピナイサラ滝周辺環境が良くなっている」と書きました。 「糞、悪臭、使用したトイレットペーパーは消えました。 ” フィードバック調査によると、ほとんどのユーザーは、土壌と水質汚染の危険性が減少し、西表の栄光照葉樹林が静かな闘技場を探す過程で踏みにじられているという事実に喜ぶことがわかった。 「ジャングルの茂みからより優れています。」とMatsushitaは付け加えています。

しかし、当然のことながら不満もあった。 Matsushitaのお客様は、一日の終わりまで中古ポータブルトイレを持ち歩いてたくない言いました。 他の人々はビニール袋を燃やしながら発生するプラスチック廃棄物と二酸化炭素を心配しました。 土壌科学者であるEvansは焼却が「病原体を除去すると同時に、再に因果カリウムなどの主要な土壌の栄養素を、いくつかの維持」が、これらの利点は、二酸化炭素の排出量よりもはるかに大きいと言います。 Hillは “それ以外の場合、土壌や有機物になることができる何かでだけCO2を生成しています。」と述べています。

さらに、トイレをきれいにし、ゴミ箱を取り除くことは、西表島が持っていないリソースを必要とします。 西表国立公園で働く人は約25人であり、大部分は、日本本土の大学のボランティアやインターンです。 さらに悪いことにごみ処理がすでに最大容量に達しており、Matsushitaは、観光客(と排泄)の増加に伴い、島のインフラが限界点を越えるだろう懸念しています。

訪問者は島の滝を高く評価するがトイレまでの距離はありません。
訪問者は島の滝を高く評価するがトイレまでの距離はありません。 Ippei Naoi / Gettyイメージ

費用は財政日だけでなく、環境的です。 トイレの政府の資金は、急速に排出されています。 各トイレのバッグの価格は約$ 5.50であり、使用したバッグを焼却するには、より多くの費用がかかります。 状況があまりにも高くて松下は公園のスタッフが入場料の施行を検討していると述べた。 日本の国立公園は、一般的に無料で入場することができますので、これらの措置は、訪問者になる可能性を延ばすようにすることができます。

たとえば、昨年末Pinaisara Falls駐車場に水がない堆肥化トイレが設置されました。 ポータブルトイレの圧力を緩和するのに役立つされ、プラスチックを焼却するよりも環境に優しいですが、水がない便器は暴風時の氾濫の危険を含む欠点があります。

その中Matsushitaは、現在、現場の3つのテントトイレが西表全域に配置されることができると信じています。 “しかし、協力者、お金、時間が必要です。」と彼は強調します。 しかし、今ではピナイサラ滝の雷を聞く人は、後に続く突然の尿の衝動を恐れる必要はありません。

READ  三菱自動車、チップクランチに日本とタイで生産量の削減

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close