トップニュース

日本の寒冷基団。 大雪予想

日本の気象当局は、今週末に激しい寒冷気団が全国を移動しながら、主に日本海沿岸に大雪が降ると明らかにしました。 彼らは、低地でも日曜日に短期間に降雪量が増加する可能性があると警告します。

気象庁は、これらの冷たい空気の流入は何年も見たことがないと述べた。 日本北部から西部まで日本海沿岸を中心に大雪が予想されます。

当局者は、季節的な気象パターンがすでに北海道を含む日本北部に雪を降ろしており、沿岸地域では風が強まっていると述べた。

日曜日の朝までに予想される24時間降雪量は、新潟県で最大70センチメートルです。 東北・北陸地域で最大60cm。 長野県から最大50センチ。 北海道と中古地方では最大40センチメートル、北部関東と関西地域では最大30センチメートルです。

冷たい空気は日曜日に南に日本西部の太平洋沿岸まで広がることが期待されます。 日本西部と中部太平洋沿岸の都市地域と四国と九州の平地でも雪が積もらないように注意を求めました。

広い地域に強い風が予想されます。 日曜日まで、北海道、東北、新潟県の予想最大風速は時速72~82kmです。 最大瞬間風速は時速108~126kmに達することができます。 ブリザード状況が予想されることがあります。

気象庁は、交通を妨げる雪、突風、雪崩について警告します。 積もった雪で電線が切れて停電も可能だ。

日本北部の人々は吹雪、突風、高い波に備えてお勧めします。

READ  日本、毎日554人のCOVID-19事例記録、オミクロン拡散後最高

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close