スポーツ

日本の専門家が破壊されたアフガン壁画の「スーパークローン」を製作する

日本の研究者らは、タリバンによって破壊されたアフガン壁画の「スーパークローン」を伝統技術とデジタル技術を混合して製作し、将来の世代のために作品の「精神」を救うことを願っています。

アフガニスタンのバミヤン渓谷には、2001年に撤去された7世紀の洞窟の壁画の1つと2つの巨大な仏像やその他の工芸品が残っておらず、世界中の非難を受けています。

しかし、3年間の最先端の複製努力の結果である正確な複製がカブールでタリバンが執権してから数週間後の9月と10月に東京のある博物館に展示されました。

有名な像の近くの洞窟の天井にある壁画は、青い菩薩、つまり仏になる道の誰かを描きました。

長さ6メートル、高さ3メートル(20 x 10フィート)の複雑なフルサイズのコピーは、東京芸術大学のレプリカチームで「スーパークローン」と呼ばれていました。

チームの共同リーダーである高志玲代氏は、「私たちは質感から塗料の種類まで、非常に正確な表現を3次元で再現することに成功しました」と語った。

日本はアフガニスタンの主要なドナーであり、日本仏教の発祥の地の一つと考えられる古代文明の交差点であるバミヤンで長年の遺産保護努力に参加してきました。

チームは、毀損される前に日本の考古学者が撮った100枚以上の壁画をデジタル的に処理して表面のコンピュータモデルを生成しました。

その後、このデータを機械に入力して、正確な形状を発泡スチロールブロックに分割しました。

レプリカを完成させるために、アーティストは元の壁画に使用されたものと同様の青金石の色合いの伝統的な塗料を適用しました。

ユーラシア文化遺産専門教授の井上教授は「この過程を通じて、本物に近いデザインを何度も再現し、その精神を後世に伝えることができる」と話した。

「遺物の破損を防ぎましょう。人類の遺産である貴重な文化を一緒に保存しましょう」

– 「すべてがデジタル化できる」 –

8月、アフガニスタンから米軍が撤退する数日前、タリバンがカブールを占領し、1996年から2001年の間の残酷な統治に戻るという恐れを呼び起こしました。

新しい政権は、考古学遺産を破壊から保護したいと主張しています。

東京再現チームの共同リーダーである歴史家前田小作(Kosaku Maeda)には、巨大な仏像がほこり雲の中に消える「大規模な衝撃」イメージがまだ鮮やかな記憶として残っています。

半世紀以上渓谷を繰り返し訪ねてきた88歳の老人は、「再び遺骨にそのような行為が加えられるか心配した」と話した。

しかし彼らの仕事は「すべてがデジタル化することができるので」現代の技術の前で寄物破損が「無意味」であることを示します。

最近、AFP記者がバミヤンを訪れたとき、タリバンの武装怪盗たちがかつて2つの仏像があった岩の洞窟を守っていました。

AFPチームが10月にこの地域を訪れたとき、ユネスコが後援する2000万ドルの文化センターと博物館の建設がまだ進行中でした。 今年計画された概観はタリバンの買収のために延期されたが、それは言う。

Maedaは、彼の夢は谷に別々の「平和博物館」を建て、可能であれば複製された洞窟の絵を展示することだと述べました。

ユネスコのアフガン文化遺産保護委員会の委員である前田は「元に戻すことはできないが、地域住民が受け継ぐことができる歴史的遺産でバミヤンに持ってきたい」と話した。

彼はカブールのアフガニスタン国立博物館の入り口にかかった垂れ幕に書かれたメッセージを朗読し、「文化が生きている時、国家も生きている」と付け加えた。

市/カフ/セル

READ  PV Sindhu、開幕ラウンドで綾綾綾を相手に激しい勝負を繰り広げた。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close