理科

日本の専門家は、災害比のグローバルスタンダードを作成しようとします

2011年3月の地震と津波で得られた教訓をもとに、自然災害に備えて災害リスクを軽減するための努力のための一貫性のあるグローバルスタンダードを作るプロジェクトが日本で行われています。

このプロジェクトは、日本が蓄積した知識を活用して、世界の災害管理能力を向上させるために設計されました。 主催者側は、2023年に新たな標準が開始されることを希望します。

ISO(International Organization for Standardization)で開発された国際標準は、食品、工場生産管理、環境管理、情報と通信のセキュリティを含む幅広い分野での製品の品質と安全性を認証するために広く使用されます。

2019年末基準ISO認証規格は22,913個です。 その年、日本で提案した117個の標準が発表されました。

2020年に東北大学国際災害科学研究所長今村文彦(Fumihiko Imamura)と他の専門家たちは、ジュネーブに拠点を置く非営利団体であるISOの災害への備えとリスクの低減を認証するISO規格提案書を提出しました。 ISOは議論の提案を採用しました。

彼らは9月までに、より具体的な提案を提出する予定です。

このプロジェクトでは、災害時の備え、初期対応、復旧と復興という3つのカテゴリを扱う概念的標準を最初に作成します。 次に地震計、食料在庫とリスクマップを含む製品とシステムに適用することができ、個々の標準とのピザのための避難所運営方法を目的とします。

共通基準は、災害の種類と規模にかかわらず、災害のコントラストが適切かどうかを判断するのに役立ち、備蓄された食品を含む製品の品質向上に寄与することが期待されます。

ISO標準のための提案は、「技術の向上、製品の品質保証と包括的な災害比を支援すること」とImamuraは言いました。 この規格は、「特定の地理的領域で何が不足して決定するための客観的な基礎」の役割をすると、彼は付け加えました。

今村は「2011年3月災害に多大な被害を受けた経験をもとに、災害管理能力をさらに向上させる大きな進展になります。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ゴジラ対豆? Bah、Gorgoの60周年だよ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close