News

日本の小売業やゲーム業界における暗号通貨の利用拡大

日本における取引所を介した暗号通貨取引は、JVCEAのデータに基づき、2021年の最初の11カ月間で51%急増し、103兆円(9000億ドル)となり、2021年全体でほぼ1兆ドルに達するペースとなりました。これは、日本の小売業界とゲーム業界が、市場での暗号通貨の利用を促進した事が大きな要因となっています。

日本の巨大な暗号市場は、これまで長い審査プロセスを経なければならなかった新しいコイン仮想通貨 リップルの上場を容易にするのではないかという憶測もあります。この状況を理解する為には、日本における暗号通貨利用の拡大を牽引する2つの主要市場である小売業界とゲーム業界の貢献度を認識する事が重要です。

小売業界

日本の個人投資家がビットコイン取引を支配しているのには、いくつかの理由があります。報道によると、韓国や中国での最近の取り締まりにより、日本には暗号取引のオプションが多く残されているとの事です。

更に、日本政府は、FinTech産業を成長させる為に、商品やサービスの支払いにビットコインを使用する事を全面的に受け入れています。暗号通貨の利用が増えた事で、日本でサービスを提供する取引所が増える道も開かれています。

ゲーミング産業

昨年中にいくつかの暗号カジノが日本市場に参入した。世界最大の暗号カジノであるCloudbetは、最近、オンラインカジノとスポーツブックプラットフォームを日本に拡大しました。

この国のカジノ専門家は、彼らが伝統的なアニメをテーマにしたカジノとうまく競争する最初の外国人事業者になると予想しています。暗号をサポートするカジノは、他の銀行オプションと比較して、プレイヤーに速い支払い速度を提供する為、日本人に愛されています。実際、多くのカジノは暗号での支払いを好み、手数料を請求しない、多額の引き出し取引を許可するなど、顧客にいくつかの利点を提供しています。

日本のゲームサイ 業界は、暗号市場の成功に大きな影響を及ぼしています。大手オンラインカジノの中には、以下のようないくつかの暗号通貨での支払いを受け入れているところがあります。

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • トロン(TRX)
  • ドージコイン(DOGE)
  • テザー(USDT)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

Cloudbetは世界最大の暗号カジノで、CardanoとBNBを含む29種類のコインの支払いをサポートしています。BNBのサポートは、特に高価なイーサリアムの良い代替品である為、良い動きです。数え切れないほどのメリットが、日本のゲーム業界における暗号サービスの容易な統合を可能にしています。

まず、暗号通貨での支払いは、取引中に個人情報がほとんど開示されない為、プレイヤーに「高い匿名性」を与えます。その為、サイバーセキュリティのリスクを軽減したいプレイヤーにとって、高い安全性とセキュリティを備えた選択肢となります。

同様に、暗号通貨による決済は節税対策にも最適な選択肢です。カジノの利益は一時所得区分で課税されますが、暗号での支払いは仮想通貨に変換される為、課税される事はありません。

更に、オンライン上のアイデンティティやセキュリティが心配なプレイヤーにとっても良い選択肢です。サイバーセキュリティのリスクは常に増加している為、個人情報やデータの盗難はオンラインカジノを選択する際に考慮すべき重要なリスクです。

カジノには、違法行為を防ぐ為のセーフガード対策として、KYC認証があります。しかし、マルウェア攻撃の状況ではカジノのアキレス腱となり、顧客の機密情報を危険にさらす可能性があります。暗号通貨は、本人確認なしで入出金に使用できる為、これを回避する方法を提供します。暗号は、違法な活動を促進しようとする関係者によって悪用される可能性があります。しかし、サイバーセキュリティの脅威を防ぐ為に、さらなる予防策を求めるプレイヤーにとっては、良い対策と言えるです。

日本の金融庁が取引所への新規上場に対する規制緩和を推進する中、日本の1兆ドル規模の暗号市場は更に成長すると予想されます。日本は暗号取引市場の最大手の1つとしての地位を確立しています。

READ  電子タバコは、なぜ人気なのか?

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close