トップニュース

日本の小売販売は5カ月ぶりに最も速い速度で増加します。

2020年5月28日千葉でコロナウイルス(COVID-19)の発症にショッピングモールが再開ジャンハムに基づいて買い物客が、日本スーパーマーケットグループイオンモールで商品を見ています。 REUTERS /金ギョンフン/ファイルの写真GLOBAL BUSINESS WEEK AHEAD

日本の小売り販売は昨年コロナウイルスの流行による大きな打撃で、消費者の需要が回復し、3月5ヶ月ぶり​​に最も急速に増加した。

世界で3番目に大きい経済が昨年の輸出の回復不振で出てきた、氷河ワクチン発売と感染の復活が家計需要を脅かしています。

3月の小売売上高は、前年比5.2%増加し、水曜日政府データによると、4.7%上昇した中央市場の見通しよりも大きい上昇を示しました。

これは10月に6.4%上昇と、4カ月ぶりにプラス成長を記録して以来、最速の上昇を記録しました。

狙ったチュキン研究所のチーフエコノミストである南武(Takeshi Minami)は「春になって、人々は快適さを感じた」と話した。

「商店街と商業施設に出て、より多くの消費につながりました。」

前月比小売販売は季節調整ベースで1.2%増加した。

小売販売の幅広い増加は一般的な商品だけでなく、服やアクセサリーのようなファッションアイテムへの支出が増加したためです。

水曜日のデータによると、百貨店の売上高は19.3%増加した一方、スーパーマーケットの売上高は2.1%減少した一方、2番目の月には減少した。

2020年第4四半期にコロナウイルスに起因する景気後退で経済が回復され、小売支出は伝染病以前の水準に戻った。

しかし、第1四半期COVIDの制限により、支出が緩和され、先週新しい緊急宣言がすぐ消費に負担を与えることが予想されます。

昨年3月に健康危機にデパートなどの店舗がドアを閉め家電製品、衣類、その他の品目の需要が急減し、小売販売が急減した。

アナリストは、日本が先週、東京と他の県感染症を抑制するために、3回目の緊急事態を宣言した後、レストランやレジャー活動などのサービス支出の打撃については特に心配しています。 もっと読む

被害を受けた県のデパートは、これらの制限の一環として、ドアを閉めたが、これ消費者支出を再弱めする可能性があります。

南は「サービス支出は、消費の約半分を占めている。上昇がされていない場合、全体の消費が停滞するだろう」と述べた。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  阪神井上大物になる大野雄が直球1区のみ/近藤浩(日刊スポーツ) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close