トップニュース

日本の小林、フォーヒルズスキージャンプオープナー優勝

発行日:

オーバーストドルフ(ドイツ)(AFP) – 日本の小林涼油が水曜日、ドイツのオーバーストドルフリゾートで開かれたフォーヒルスキージャンプ大会の第1回戦で優勝した。

2019年のフォーヒルズ優勝者であり、元ワールドカップ総合チャンピオンだった小林は2月、北京冬季オリンピックを見て302得点を上げ、シーズン4回目のワールドカップ優勝を記録した。

25歳の日本人は299.2点で、ノルウェーのハルボル・エグナー・グラネルド(Halvor Egner Granerud)を298.6点に、もう一つのノルウェーであるロバート・ヨハンソン(Robert Johansson)と3位を記録した。

この日の衝撃は、フォーヒルズの現チャンピオンであり、3回の勝者であるポーランドのKamil Stochが2回目のジャンプの資格に失敗し、41位にとどまったときでした。

Four Hillsの次のステップは、1月1日にGarmisch-Partenkirchenで開催されます。

最後の2つの区間は、それぞれ1月4日と6日にオーストリアのインスブルックとビショフショフェンにあります。

普段は数万人の観衆が集まった行事だが、今年はコロナ19対応のための自治体の対策でファンなしで行われる。

READ  日本ビジネスリーダーが観光提案を発表

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close