トップニュース

日本の小林がスキージャンプワールドカップ1位を奪還

発行日:

ビリンゲン(ドイツ)(AFP) – 日本の星小林涼也(Ryoyu Kobayashi)が、土曜日のワールドカップの先頭を奪還するためにビリンゲン(Willingen)で勝利し、冬季オリンピックを控えてスキージャンプアクションの最後の週末を開始しました。

Four Hillsチャンピオンは、悪天候のためにたった1回のジャンプに縮小された大規模な丘のイベントでトップに上がりました。

2019年総合優勝を獲得した小林は、145mの高さまで上昇し、115.6点を受け、ノルウェーのハルボル・エグナー・グラネルドを4点差で破った。

25歳のこの選手は、ドイツがホームスノーでわずか19位に滞在した後、全体ランキングで前のリーダーであるカールガイガーより27点目です。

小林は26回目の世界大会を終えた後、FISのウェブサイトに「もちろん勝利して嬉しい。今日の体調も幸運だったが、今日同じ日には頂上に上がらなければならない。本当に大変だった」と話した。 カップ優勝。

Granerudの同胞Marius Lindvikは表彰台を完成させました。

女子部ではオーストリアのMarita Kramerが今シーズン10大会で6回目の優勝を獲得し、シーズンの支配力を続けました。

ジャンパーは、金曜日に開催される北京ゲームのために出発する前に、日曜日に大規模な丘の試合のために戻ってきます。

READ  議論になっている慰安婦像、日本で再び展示予定 – ARTnews.com

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close