日本の小林がフォーヒルズスキージャンプ隊で3回目の優勝を果たしました。

Estimated read time 1 min read

日本の小林涼湯(Ryoyu Kobayashi)が、土曜日の名門フォーヒルズ(Four Hills)スキージャンプトーナメントで3回優勝した6人目の男になりました。

小林は4ラウンドをすべて席巻した2019年とオーストリアのビショフショーフェン(Bischofshofen)で開かれた4つの大会のうち最後の大会で2位を獲得した後、2024年優勝を追加した。

27歳の選手は、Janne Ahonen(5個)、Jens Weissflog(4個)、Helmut Recknagel(3個)、Bjorn Wirkola(3個)、Kamil Stoch(3個)と共にジャンパーに参加し、ドイツで行われた。大会で3つのタイトルを獲得しました。 オーストリアのOberstdorf、Garmisch、Innsbruck、Bischofshofen。

オリンピックチャンピオンは「今日はあまりにも多くのことがあったが、ジャンプに集中して本当に満足していた」と述べた。

日本スターはこの日137mと139mのジャンプを記録し、総点287.6点で2位を占めた。

その結果、彼はオーベルストドルフで開かれた開幕戦で優勝した最も近いライバルであるドイツのアンドレアス・ウェリンガー(1,120.7点)に比べて総点1,145.2点を得た。

小林はこの日ワールドカップ先頭ステファン・クラフト(オーストリア)に敗れて勝利を獲得した。

クラフトはオープニングラウンドからわずか1.2ポイント遅れ、140メートルの2番目のラウンドジャンプで合計288.9ポイントを獲得し、小林をこっそり通過しました。

Kraftはインスブルックの優勝者であるJan Hoerlを抜いて、3位でトーナメントを終えました。

小林は各ラウンドで4人の他の優勝者に続いて4回の2位を記録し、フォーヒルズで優勝しました。

Ahonenは1999年に大会優勝なしでトロフィーを獲得した最後の人でした。

READ  日本に影響を与えた象徴的なスポーツアニメと漫画10選
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours