トップニュース

日本の小説家村上に専念された図書館、東京に開館

日本の小説家村上春樹の著書、スクラップブック、およびレコードのコレクションを提供する図書館が来週、東京での研究、文化交流と彼のファンのための出会いの場への扉を開きます。

東京 – 日本の小説家、村上春樹の著書、スクラップブック、およびレコードのコレクションを専門とする図書館が来週、東京で文学研究、文化交流と彼のファンのための出会いの場への扉を開きます。

彼の母校である早稲田大学で10月1日にオープンした村上春樹の図書館は、単純なデスク、並んでいる本棚、レコードプレーヤーが彼の書斎のクローンと彼のお気に入りの闇を提供する学生が運営するカフェを備えています。 ローストコーヒー。

村上(72)氏は、水曜日の図書館開館を発表する記者会見で、「学生が自由に意見を交換して実現することができる場所になるように願います。 自由独特で新鮮な大学のキャンパスになることを願います。」と言いました。

訪問者は村上の多くのファンの一人であり、東京オリンピック競技場を設計した建築家熊野ゲンゴが設計され、改造された5階建ての建物のトンネルのような通路を通って入場します。 Kumaはトンネルが主人公がしばしば現実と非現実的との間を移動するMurakamiの話のイメージと言いました。

正式には、早稲田の国際文学館(Waseda International House of Literature)と呼ばれるこのライブラリーには、現在の村上の本、写本やその他の資料は、数十の言語に翻訳されたものを含めて、約3000点の資料と膨大な記録のコレクションが所蔵されてています。 図書館の隣のラウンジには、アルバムが展示されているオーディオルームがあり、一部は早稲田を卒業して運営したジャズバーの名前である「Petercat」が写っています。

ここには、Billie Holiday、Sonny Rollins、John ColtraneとMiles Davisのレコードが含まれます。

村上は「私死んだ後、このようなところが作成され寛いで誰かの世話てほしい」とし「生きている姿を見ると、少し震える “と述べた。

Murakamiは図書館に、可能な限り多くの貢献と言いました。 現在は、自分の作品に焦点を当てているが、他の小説家の作品まで拡張して「広く流動的な研究スペースになってほしい」と語った。

1979年のデビュー小説「風の歌を聞け」以降、1987年ロマンス」、ノルウェーの森」で初ベストセラーになりながら、若い文芸スターとなった。 「野生の羊追い」、「巻き上げ新しいクロニクル」、「1Q84」などベストセラーでも有名で、ノーベル文学賞の候補に挙げられている。

Murakamiは、クラシックからジャズ、ロックに至るまで、様々な音楽を熱烈に鑑賞して収集し、彼の多くの話で重要なモチーフとして使用されます。 彼はまた、音楽に関する本を執筆しました。

2018年からMurakamiは東京FMで「Murakami Radio」のショーを進行して、彼の好きな音楽を再生して、時々リスナーのリクエストと質問を受けます。

アーカイブプロジェクトは、2018年Murakamiが家やオフィスに保管スペースが不足ほど過去40年の間にあまりにも多くの成長した資料のコレクションを寄付すると提案し始めました。

Uniqloの親会社創設者兼早稲田大学卒業生であるTadashi Yanaiは図書館のコストで12億円(1100万ドル)を寄付しました。

READ  日本、9月末までに緊急事態解除の可能性:厚生労働省大臣

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close