理科

日本の少年の研究がカブトムシの通念を犯す

カブトムシが夜だけ活動するという通念を無視して、11歳の日本の少年が行われた研究結果が、米国ジャーナルEcologyに掲載されました。

埼玉県のRyo Shibataは、彼の家の庭に植えられた常緑灰またはFraxinus griffithiiの昼間に集まるカブトムシを観察し、2年の間に関連するデータを収集した。

研究に使用されたサイ甲虫| ロイター

小学校6年生は2019年の夏に、なぜカブトムシが昼間に木に来たのか不思議に思っ研究を開始しました。

彼は毎日の木を確認して、そこに集まったカブトムシに表示をして、個別に識別できるようにしました。 2020年に、彼は合計162個のカブトムシを観察し、主に活動パターンのデータを収集した。

山口県にある山口大学理学部講師の小島渉が柴田の研究を手伝った。 彼は少年が2019年の夏に学校の課題を確認するように要求された後のサポートを提供し始めました。

Kojimaは「私のアドバイスをして翻訳だけしました」とShibataの研究を英語で回想している。

Kojimaは研究が “ほぼ完璧だ」と少年と一緒に研究を続けると述べた。

Shibataはこの夏に昆虫の生活の詳細を調査するためにカブトムシの重量とサイズを調査に追加する予定です。

「カブトムシが低いにも活動する理由と同じ未知の要素があまりにも多いので、私は(カブトムシの謎)を外したい」とShibataは言った。 「いつか樹液成分を分析し、個々のカブトムシの無線追跡調査を実施してと思います。」

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  淡水貝の殻は、アルパインスノーパックの記録を維持することができます

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close