日本の山下吉美がアジアカップ初の女性審判になった。

Estimated read time 1 min read
日本の山下吉見審判(右)が2024年1月13日土曜日、カタール・ドーハ・アマド・ビン・アリスタジアムで開かれたアジアカップB組オーストラリアとインドの試合中、インドのスレシシング王謀と話している。アイザズラヒ/AP

AL RAYYAN、カタール(AP) – 山下義美が土曜日、オーストラリアとインドの試合を主催し、アジアカップ初の女性審判となりました。

日本関係者は、アライヤンのアマド・ビン・アリスタジアムで行われたB組の試合に、2人の女性補助員(同胞補助野誠とテシロギナオミ)と合流しました。

アジアサッカー連盟はこれを「画期的な任命」と表現した。

広告

この広告の下に記事が続きます。

2015年にFIFA審判バッジを獲得した37歳の山下は日本初の女性プロ審判であり、自国の最高リーグであるAFCカップとアジアチャンピオンズリーグで競技を主管しました。

彼女は2022年ワールドカップ審判36人のうちの1人だったが、いかなる試合も引き受けなかった。 代わりに、彼女はまた、カタールで開催されたトーナメントで6試合中に4番目の審判に出場しました。

FIFAが「先駆者」と表現した山下は、2回の女子ワールドカップと2020年夏季オリンピックでも審判を務めました。

広告

この広告の下に記事が続きます。

READ  ラグビー| 日本のラグビーの将来:プロ時代の新しいリーグ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours