スポーツ

日本の山口、女子バドミントン世界タイトル維持 – スポーツ

東京:日本の山口あかねが日曜日、東京のホーム観衆の前で中国の天威フェイを21-12、10-21、21-14に倒して女子バドミントン世界タイトルを維持しました。

昨年、スペインの都市ウエルバで最初の世界タイトルを獲得した親シード山口は、オリンピックチャンピオンチェンの挑戦を見るために深く掘り下げなければなりませんでした。

Chenは2011年以来、女子絶食世界タイトルを獲得したバドミントン強国である中国の初選手になるために入札していました。

中国は他のどの国よりも5倍多い合計15の女子絶食世界タイトルを獲得したが、4位のChenは2014年以来、中国初の女子世界決勝進出者でした。

25歳の山口は今週、東京で1ゲームも負けずに決勝に進出しました。

彼女は不思議なスマッシュで取引を実現する前に、最初のゲームでチェンに着実にネジを回しました。

チェンは2回目のゲームで轟音して戻り、山口がネットに戻ったときに試合を同点にした。

山口は3回目のゲームで大きな序盤のリードで優位を取り戻し、チェンがネットに戻ったときに試合を終えた。

この勝利で、山口は3月にオールイングランドオープンでトロフィーを持ち上げ、今年の2回目の優勝を果たしました。

今年の世界女子絶食試合は、2019年のチャンピオンであるインドのPV Sindhuと2017年の日本の優勝者であるNozomi Okuharaが、トーナメントの前日にすべて負傷したために打撃を受けました。

男子決勝戦で、デンマークのビクトル・アクセルセン(Viktor Axelsen)がタイのクンラブート・ビティサン(Kunlavut Vitidsarn)を21-5、21-16に勝ち、2番目の世界タイトルを獲得しました。

READ  日本、米国、同盟、中国で対抗決議:: WRALSportsFan.com

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close