トップニュース

日本の岸田、習近平会談が安定した関係構築に役立つことを願って

岸田文雄日本首相は水曜日、バンコクで開かれるアジア太平洋首脳会議とは別に予定された習近平国家主席との会談を控え、中国と「建設的で安定的な」関係を構築することを希望すると述べた。 岸田と習近平間の最初の対面会談は、世界両大経済大国間の緊張を解くための月曜日の歴史的な米中首脳会談の後に行われる。

岸田首相は記者たちに日本と中国の関係に関する質問に「両国の間には様々な機会と挑戦と懸念がある」と話した。 岸田は予定された習近平との会談について「話すべきことを語り、中国に責任ある行動を要求したい。一方、両国はできる部分で協力しなければならない」と話した。

彼は「今回の会談が建設的で安定した日本と中国の関係につながることを願う」と話した。 インドネシアバリで開かれたG20首脳会議に出席した岸田と習近平主席は、木曜日のAPEC首脳会談とは別にバンコクで会合する予定です。

市主席と岸田会談を控えて、中国外交部の広報担当者は、中国と日本が、この見解を適切に処理し、新しい時代に適した関係を築くと述べた。 歴史的、領土的紛争で長い間頭を悩んでいる中日関係は、去る8月、ナンシー・フェロシ米下院議長の台湾訪問以来、中国が日本近隣海域に弾道ミサイルを発射した後、さらに梗塞された。

台湾への中国の圧力の増加と急速な軍事力の強化に支えられ、アジアの近隣諸国に対する断固たる態度は日本を驚愕し、2019年の国防白書で台湾を主に指摘しました。 岸田は市主席との会談で台湾について議論するかという質問に答えを拒否した。

2019年12月、習近平主席が北京で安倍晋三当時首相に会ったとき、アジア近隣諸国の指導者たちの間の最後の直接対面がありました。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  MySize、日本の特許庁からMySizeIDスマート測定ソリューションの許容量の通知を受ける

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close