日本の島津、東北大学と協力して超硫化物生命科学共同創造研究センターを設立

Estimated read time 1 min read

抗酸化特性の高い超硫化物の特性を究明し、老化防止薬物の開発に寄与

日本に本社を置く島津株式会社と東北大学は、島津×東北大学スーパーサルファイドライフサイエンス共同研究センターを開設しました。

両機関は2024年4月から3年間、共同創作研究センターで共同研究を進める予定だ。 生物体の老化メカニズムに関与する超硫黄化物の特性を究明し、診断及び治療の確立に寄与しようとする。 さまざまな病気に対する治療法と健康増進に役立つ機能性食品を開発しています。

超硫化物は、血液や体の臓器に存在するアミノ酸などの有機化合物に硫黄が結合した物質を指す一般的な用語です。 強力な抗酸化特性が活性酸素の機能を調節するのに役立つと考えられています。 過剰な活性酸素レベルは、疲労、老化、病気を引き起こす要因と見なされます。

新しく設立された共同創造研究センターでは、研究者たちは島津iMScope画像質量顕微鏡を使用して長期の超硫化物分布を観察し、さらにさまざまな超硫化物を同時に分析するための新しい技術開発に参加する予定です。

READ  News Navigator:福島原子力発電所の処理水が海に放出されるのはなぜですか?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours