エンターテインメント

日本の崇拝者、安全を祈願するために乗る石炭勇敢

日本人参拝者たちは日曜日に山の近くの年次祝祭で煙る石炭の上を僧侶と裸足で歩いて自分と家族の安全を祈願しました。 高尾山。 コロナウイルス感染症が原因で、参加者がマスクを着用して、社会的距離を保つ必要があるため、火災歩くことは、いつもより緊張しました。 祭りはまた、1000人に制限された。 昨年はCOVID-19感染症が原因で一般に公開されていない。

高尾山薬王院の社員の僧御所上村(Koshou Kamimura)は「炎を使って体を通過すると、魂が浄化されて仏に祈りを伝えます。」と言いました。 「歴史的に高尾山疫病救済を願う重要な場所であるため、今年は、いくつかの注意を払ってお祭りを開催しなければならないと感じました。 “

日本語でヒワタリ祭りと呼ばれるこの祭りは、富士山から約50年の歴史を持っています。 高尾山。 僧侶たちは、木とヒノキの葉に火を上げ、強烈な焚き火を咲かせました。 僧侶たちは、炎に水をまい火種を集めて二行に分けて、裸足で歌を歌った。

崇拝者たちはコロナウイルスが原因で仮面をかぶって僧侶に従いました。 一部の僧侶たちは、子供たちを火種上乗せ濃い煙が空中に飛んで行きました。 東京はコロナウイルスが原因で、2020年から延期された今年の夏のオリンピック開催を準備しており、国内の世論調査では、人々がオリンピック観客数を制限することを好むことがわかった。

「コロナウイルス感染が世界的に広がっているので、もはや拡散しないように祈りました。」と僧侶たちが、バックグラウンドで叫んだエリコ中村(46)が言いました。 「炎ウォーキングイベントは屋外で開催され、参加者の数に制限があります。オリンピックに関しては、屋内で開催される予定だ観客数を半分に制限することを願って。 “

日本のコロナウイルスケースの数は、米国のような他の国に比べて相対的に少ないが、東京を含む、いくつかの地域ではまだ非常事態に直面しており、国は第三の流行を経験しています。

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  「THE W」会見で決勝の期待が交差、吉住「顔ファンを増やしたい」(会見レポート) - 笑いナタリー

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close