経済

日本の工場の活動が2018年以降、最も多く増加した経済ニュースと主なニュース

TOKYO•日本の工場の活動は、全世界の需要の回復に2018年初め以来、最も急速に先月拡張されたが、昨日、民間部門の調査によると、新たなコロナウイルス抑制が全面的な経済見通しに影を落とし続けた。

活動の拡張は、テールウィンドメーカーが、特に中国の強力な外部需要のために得ていることを強調しており、これは昨年の急なコロナウイルスの下落に起因する経済の回復を維持する基盤を形成します。 最終au Jibun Bank日本の製造業購買担当者指数(PMI)は、4月の季節に応じて調整された53.6に上昇し、2018年2月以来、最もしっかり拡張を記録した。

それは53.3のフラッシュを読むと、前月の最終52.7の読み込みで増加した。 これは、製造活動が3ヶ月連続の拡張と収縮を区別するために50.0のしきい値を超えソトウムを意味します。

PMIの調査によると、2018年2月以来、最も急速に生産量が増加したことが明らかにし、4月の会計年度の初めに新しい卒業生を迎え入れて、受注の増加による能力の要求が雇用創出率を高めました。

メーカーは、自動車や電子製品の生産に使用される中間財の需要が高いために、11ヶ月の間に入力価格が上昇しており、入力コストインフレは2018年末以降で最も速い速度を記録した。 企業は、積極的な中期の活動の見通しを報告した。 IHS Markitの経済学者Usamah Bhattiが調査を作成しました。 先週、東京と他県の第三の緊急事態が伝染病を抑えすると宣言した第三の緊急事態が今後数ヶ月の間に、製造元に与える影響を正確に言うには余りにも早い。

この調査によると、今年の企業の生産期待値は、今年の工業生産の成長率7.7%のIHS Markit予測と一致するとBhattiは言った。 「これは2020年の流行で失われた生産量を完全に回復していません。感染が再び増加するにつれてCovid-19の制限が再び導入されることによって製造部門の追加混乱を排除することはできません。」

ロイター

READ  PERE Japan Forum Virtual Experience 2021で基調講演するColony CapitalとDigital Colony

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close