トップニュース

日本の工場の雰囲気が3-1 / 2年の最高値を記録し – Reuters Tankan

東京、8月19日(ロイター) – 8月に日本メーカーの信頼が3年半以上の最高値を記録しサービス業心理が肯定的に変わった。 コロナ19スランプ。

日本の銀行(BOJ)のテンカン四半期調査を追跡する月刊の世論調査によると、メーカーの雰囲気は3ヶ月の間に好調を維持しながら、少し滑るもので、サービス部門の感情は、追加で回復することがわかった。

今回の調査は、世界第3位の経済規模が4月から6月の間​​に年間1.3%成長したことを示して今週の国内総生産(GDP)のレポートに基づいています。 活発な輸出と予想よりも強い消費のおかげです。

252社の企業が匿名を条件に応答した503社の大手企業や中堅企業を対象にしたロイターの世論調査で、管理者は、ハイテク製品などの製品のための強力な海外受注により需要の回復がコロナウイルス以前の水準に回復すること楽観と述べた。

した陶器メーカーの関係者は、アンケート調査で、「半導体市場が活況を呈してあり、関連素材の需要が強い」とし「工業製品、自動車部品事業が恩恵を受けている」と述べた。

8月4〜16日に実施された調査によると、メーカーのロイターテンカン感情指数は7月25から33に上昇し、2018年1月以来の高値を記録した。 サービス指数は前月のマイナス3から5に上昇し、昨年2月以来の最高値を記録した。 (詳細結果表は、クリック)

ただし、一部の管理者は、ウイルスに起因する不確実性と原材料コストの上昇の影響を受け、現在の人口のほぼ60%を占める日本の一部の地域の長期的な緊急事態を懸念している。

化学メーカーの管理者は、アンケート調査で、「全世界的に原材料価格が上がっており、見通しの不確実性がある」と書いた。

ロイターテンカン(Takanan)の世論調査によると、11月の製造業企業の事業の信頼性は、31で落ち、サービス業の企業は13に上昇すると予想された。

食品メーカーの関係者は、「コロナ19を考慮すると、体調が悪くない、期待したレベルでもない」と述べた。

7月に発表されたBOJの独自の「tankan “ビジネス調査によると、ビジネスの信頼性が2年半ぶりに最高の改善されたのに対し、サービス部門の感情は5四半期ぶりに肯定的に変わりました。

Reuters Tankan指数の測定値は、状態が良好であると回答した回答者の状態が良くないと答えた回答者の割合を引いて計算されます。 肯定的な数値は楽観主義者が悲観論者よりも多いことを意味します。

Daniel Leussinkの報告; Sam Holmesの編集

READ  日本、通信、電力網で外国の技術の使用制限

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close