トップニュース

日本の巨大な仏教女神、コロナ19終息を願ってするためにマスクを採用

6月16日(ロイター) – 労働者は火曜日、日本で日本の巨大な仏教像をスケーリングして、彼女の顔にカスタマイズされたマスクをかぶせ続けた。この行為はコロナウイルスの流行終息を祈る行為です。

福島県の会津ベッツの号コクかの寺院の高さ57m(187フィート)の白仏教女神像(慈悲の女神)で4人の作業者がロープに巨大な仮面を乗せるために3時間がかかりました。

その後、彼らは像の下半分にわたって4.1mx 5.3m、重さ35kg(77ポンド)のピンクの網布で作られたマスクを広げました。

この配布資料には、福島県会津若松の会津フコイダンジャグジーアイズベッツの寺院でコロナウイルス性疾患(COVID-19)の終息を願っするために高さ57mの観音像にマスクが置かれているドローン写真があります。 2021年6月15日に撮った写真。 REUTERSを通じたOISO ALLサポート/配布資料

33年前に建てられた像は、女神の肩の高さまで上がることができる螺旋階段がある中が空いています。 人々は、赤ちゃんを抱いている像を訪問して、赤ちゃんの安全出産を願って新生児に祝福を求めます。

従業員の管理者Takaomi Horiganeは2月の地震で像が破壊された後に復元についての議論では、作業者が顔のマスクのアイデアを思い付いたと言いました。

HoriganeはCOVID-19状況が日本で制御されるまでの像にマスクを維持する計画だと述べた。

リカコ丸山明ト迎える記者; Karishma Singhの文; Tom Hogue編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ジェジュン、 "イテウォンクラス」撮影地弾バーム屋上で熱唱「皆さんを思い出して、「| ORICON NEWS

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close