経済

日本の巨大海運会社MOL、インドにセーリング、2隻の船舶への便を開始

日本の巨大運送会社であり、世界最大の海運会社の一つであるMitsui OSK Lines Ltd(MOL)は、インドに100%子会社を設立し、インドの国旗に登録された2隻の船に運営を開始しました。

MOLのインド部門であるSakura Energy Transport Pvt Ltdは、IOC(Indian Oil Corporation Ltd)から11年された超大型ガス運搬船(VLGC)」Hisui」号の2年、15歳の超大型ガス船契約を確保しました。 原油運搬船(VLCC)「カサ起算「1年延長可能

海運業界筋は、これを政府の最近の政策措置は、特にインドの船主の原油、LPG、石炭と肥料貨物輸送への補助金計画に支えられ、インドに進出した外国海運会社の初期の兆候と見ています。 – 会社を運営します。

拡張のすべての視線

Sakura Energyは、ウェブサイトで増加する、インドのエネルギー需要を満たすために設立され、拡張過程にあると付け加えました。

船舶仲介業者の役員は、「MOLは、インドの登録船舶を運営することが可能かどうかを把握するために、インド市場をテストする必要がある」と述べた。

7月14日、連邦内閣は、インド艦隊の所有者のための補助金計画を承認した。 現地船主は、今年2月1日以降に、インドに登録された船舶の船齢に応じ傭船料で10〜15%を追加で受けます。

2月1日以前に登録された船舶の場合、補助金支給額は、船舶の船齢に基づいて5〜10%です。 補助金の上限は制度の5年間、毎年1%ずつ削減されています。

PSU貨物契約

国営企業が発行した世界入札で現地船主に提供されている、いわゆるRoFR(優先拒否権)と一緒に外国船主は、インドの会社を設立して、船舶を登録する必要があります(100%FDIが許可されます。PSU貨物契約の確保に熱心であれば、 1997年から出荷)政府は、5年に渡って16億2400万ルピーの補助金を策定しました。

去る8月超大型ガス運搬船の世界最大の所有者であり、運営会社BW LPG LtdはGlobal United Shipping India Pvt Ltdと3歳のインド同等合弁持分を50%から88%に増やしたと明らかにした。

BW Global United LPG India Pvt Ltdは、現在、オスロ証券取引所に上場されたBW LPGの子会社でインド最大の超大型ガス運搬船オーナー兼運営会社で5隻の船を運営しています。

この問題についてのブリーフィングされた海運業界筋によると、同社は今後12ヶ月の間に、インドの国旗に、より多くのLPG船を登録する予定です。

「インドは巨大な石油とガス輸入国です。 海運業界の関係者は、「外国船主がインドに子会社を登録して、インド国籍の船舶を導いて、インドの貨物を運送する事業を確保し始めた」と述べた。 「政府は、インドのトン数を増やしたいものもあります。」と彼は付け加えました。

READ  新しい海軍Statecraftに向かって

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close