経済

日本の帰国の患者、酸素濃度計と酸素供給装置不足に直面している

日本で自宅療養対象となったコロナ19患者の数が急増し、治療に必要な医療機器がほとんど不足ほど急増した。

先週の水曜日、全国的に127,000人のCOVID-19が隔離患者がおり、ここにはホテルから回復中の患者と欠員待ちリストにある患者が含まれます。 この数値は、7月21日に記録された14,000人の在宅患者よりも9倍以上急増した。

東京だけで同じ期間に自宅隔離患者数が6,000人で34,000人に急増しました。 しかし、市政府は約500個の酸素発生器を回すことができるだけであり、現在5つの販売代理店とのより多くのことを調達するために交渉しています。

東京を個別に設定するツール、およびその他の地方自治体は、独自の酸素発生器が、十分な供給の見通しは暗い。

近いうちに感染者が減らない場合は、酸素発生器が不足することができていると保健省が警告した。 8月13日、機関は、経済産業省が共同署名したメーカーに生産量の増加と安定供給を要求する通知を送った。

保健省の関係者は、「月に1000台以上の生産量を増やすべきだ」と述べた。

指で患者の血中酸素濃度を測定するパルス酸素濃度計も供給が不足するという懸念が出ている。 患者は酸素濃度計を返す責任があるので、使用可能なデバイスの数が減少し、リスクが高くなります。

東京は約75,000個のパルス酸素濃度計を確保したが、返されたデバイスの数は、「不明」と市の関係者が言いました。

大阪府では、約17,000個のパルス酸素濃度計があり、主に管理されている保健所にあります。 政府は今月末までに3,000〜4,000台を追加生産するためにメーカーと交渉を行っている。

神奈川県は、土曜日に1人当たり1つの酸素濃度計を提供する政策を放棄し、代わりに供給を家族につき1つのデバイスに制限しました。

コンセントレータは、通常の21%から増加した25%から30%の酸素濃度で空気を供給します。 一般的に、このデバイスの需要は、主に全国で約20万人の慢性呼吸不全の患者から発生し月発送は月に2,000〜5,000個に過ぎません。

メーカーは生産量を増やすために急いでいます。 業界では、4月頃、酸素発生器の在庫を1,000〜2,000個増やしたご注文は続け急増した。

約50%の市場シェアを占めている日本の代表的な酸素発生器メーカー帝人(Teijin)の関係者は、「すべての需要を満たすのは難しい」と述べた。

脈拍酸素計を作るコニカミノルタは、6月から生産をコロナ前のレベルの20倍まで増やした。

業界の仲間であるOmronは、元の生産計画の約二倍に達する注文を受けました。 この会社は、在庫がほとんど完売され、9月に契約メーカーから供給を増やすことが期待します。

酸素濃縮器とパルス酸素濃度計を作成するために邪魔になる一つの障壁は、半導体です。 医療機器メーカーFukuda Denshiは、酸素発生器と生体モニタをはじめ、さまざまな製品の生産に影響を及ぼしていました。

パルス酸素濃度計のメーカーの消息筋は「ほとんどのマイクロコントローラである10種類以上の半導体タイプが不足している」と述べた。

酸素発生器の供給だけ増やすことは、効率的な使用につながらない。 医師と公衆衛生センターは、誰が機器を受け取る決定がデルタ変種事例が増加し、病院の入院が事実上停止しました。

酸素発生器を割り当てたり、患者から中古機器を回収するためには、健康診断が必要である。 増加する事例の数は、使用可能な医師を薄く伸ばしました。 医師なく酸素発生器を割り当てるには、患者が正確な量の酸素を供給することができようにするフレームワークが必要です。

パルス酸素濃度計は、人の血液中にどのように多くの酸素があるかを測定します。 ©教徒

東京都保健所では、一日に1回以上、在宅患者に連絡体温と一緒に血中酸素飽和度を尋ねている。 飽和レベルが93%を下回ると、入院が必要な「中間症状II」の警告がトリガされます。

しかし、このような患者を収容することができる病院を見つけられない事例が増えている。 月曜日東京は、緊急サービスを要求するCOVID患者を一時的に収容することができる「酸素ステーション」を開設しました。

保健所の関係者は、「酸素投与は医療行為であるため、酸素発生器は、医師のみが使用することができる」と述べた。 「まず、医療協会や類似団体に連絡して家庭訪問を準備します。」

しかし、東京では市が買収したほとんどの機器がレンタルされて集中装置自体が不足しています。 一部の医師は、自分の病院で集中装置を取得するために依存した公衆衛生センターの関係者が言いました。

READ  日本の通産省大臣は、東芝との関係について謝罪していない

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close