経済

日本の平均ガソリン価格は7年ぶりに最高

日本経済産業省は最近、国際原油価格の急騰を反映して、今週初め、日本の平均ガソリン小売価格が7年ぶりに最高値を記録したと水曜日発表した。

一般ガソリンの平均価格は、月曜日、現在リットル162.10円で、10月4日から2.10円上昇し、2014年10月以来の高値を記録した。

2020年10月10日に撮影されたファイルの写真は、東京の近く埼玉のガソリンスタンドで燃料ディスペンサーを示しています。 (教徒)==教徒

最近コロナ19国家非常事態の後、9月30日まで、日本国内の旅行が増えるという推測が出てくる中で、日本の家計支出に大きな打撃を与えることが予想される。

月曜日にタンクごと1,814円(18リットル)で6週連続上昇した灯油の平均価格の上昇傾向は、冬季の暖房需要が増加するにつれて、今後、家計に打撃を与えることができます。

全世界的にコロナ19確診が減少して景気が回復すれば、需要が増えるという推測で原油価格が上昇に乗っている。 しかしこれらの上昇は、原材料コストの上昇につながり、企業の利益を圧迫することができる。

原油情報センター(Oil Information Center)によると、ガソリン価格は次の週まで上昇すると予想され、原油価格が高い水準を維持して小売価格に影響を与えると予想されます。

最後の数週間の間に原油価格の高騰は、インフレの増加の恐れを呼び起こし、世界経済の不確実性を呼びました。


関連の適用範囲:

IMF、日本の2021年の成長率見通しを最新のコロナウイルスが原因で2.4%に下方修正

米国のインフレ懸念の中に対ドルで円に比べ、ほぼ3年ぶりに最高値に上昇

日経、2009年以来初めて8日連続連続安打記録


READ  価格は800万円を超え!? マツダ「コスモスポーツ」当時1500万ウォン規模のスーパーカーだった?(自動車ニュース)|自動車情報サイト[신차 중고차]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close