経済

日本の平均ポンプ価格は5週間下落した。

日本の一般ガソリン平均小売価格が5週連続下落したが、依然として高い水準を維持していると産業部が水曜日明らかにした。

月曜日現在の価格はリットル当たり165.90円で全州より2.1円下落し、11週連続160円以上を維持している。

今回の下落は新種コロナウイルスのオミクロン変種拡散による需要減少の懸念の中で原油価格下落を反映したものだ。

一方、ヒーターに主に使用される灯油の平均価格は18リットル当たり22円下落した1,925円で2週連続下落した。

価格調査を実施する石油情報センターは、ガソリンと灯油の平均価格が来週も同様の水準を維持すると見通した。

センターは、原油価格がシーソーのように動いているため、方向が見つからないと伝えた。

平均ポンプ価格は44県から落ち、滋川長崎から上がった。 価格は大分でそのまま維持された。

離島の多い長崎は176.9円で最高の価格を記録し、鹿児島と大分がその後を継いでいます。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

READ  日本への輸出は9月に予想よりも多く増加して、サプライチェーンの危機の中で、希望的な信号、経済的ニュースと主なニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close