トップニュース

日本の平等にアクセス可能な高等教育は依然として障害に直面しています

著者:島内さえ、東京都大学

日本では、教育への資金援助は主に政府の責任とみなされます。 家族。 これらの視点は改正案を通じて確立された。 教育基本法 安倍政権時代。 しかし、日本社会が直面する問題は、家庭の手帳に高等教育を任せるには大きすぎた。

教育費の社会的負担は、日本の低出産を防ぎ、経済発展を追求するために必ず解決すべき緊急の問題だ。 によると 調査 国立人口社会保障研究所(National Institute of Population and Social Security Research)によると、高い教育費用は、家族が望む数の子供を産まないことを選択する最も頻繁に言及される理由です。

20世紀、日本の高度成長期に経済発展を支えた生涯雇用制度は、少数のエリート労働者にのみ与えられる特権となった。 時間制雇用が増加しており、 3分の1 新入社員は3年以内に職場を辞める。 免税世帯など低所得層だけでなく中産層にも奨学金が必要になった。

第26条 日本憲法は、すべての人が能力に応じて等しい教育を受ける権利があると規定しています。 教育基本法 また、国家および地方政府は、教育を受けるための経済的障壁に直面した人々に財政援助を提供するための措置を講じる必要があると規定しています。

しかし、日本は、教育への平等なアクセスと無料教育の漸進的導入に関する経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約第13条(2)(c)の規定に拘束されない権利を留保しました。 日本政府は、2012年に高等教育がすべての人に均等に提供されると言って留保を撤回したが、日本の無料高等教育は依然として希薄な可能性のままである。

安倍政府の2017年の神経制政策パッケージは、無償奨学金と所得連携還付奨学制度を導入した。 しかし、支援措置は、低所得世帯に限定されて設計されている。 支援学生 「社会と産業のニーズを考慮して、学問的追求と実践教育とのバランスを保つ大学やその他の機関」から。 学界以外の実務経験のある教師の採用、業績管理評価の実施、出版など、高等教育機関に対する厳しい要件が設定されました。

岸田文夫日本首相 2021年9月 オーストラリアの高等教育寄付制度(Higher Education Contribution System)からインスピレーションを受けて貸し出し制度を作るという政府の意志を反映して、「学びたい人が大学など機関で勉強できる環境を造成する」という趣旨だ。

しかし、2022年5月教育未来創造大会で、学部レベルの低所得層無償還奨学金は、多子家庭と理工系の学​​生のみ対象に拡大すると発表した。 所得条件付きローンおよび返済システム — シュセバライ 奨学金 – 大学院生のために導入される予定です。

多人家族の財政援助は、低出産と戦うための政府の既存の​​措置と一致しています。 STEM分野の学生を好むのは、日本政府がOECD諸国の中で最も高いレベルの自然科学を専攻する高校生の50%を目指しているため正当化されます。 現在、約35%の学生が日本でこの分野で勉強しています。 比較 OECD諸国では平均27%です。

所得条件部ローンは修士課程の学生のみ可能だが、2024年からは学部生までローンを拡大することができる。 修士課程への支援は徐々に実現しつつありますが、日本で修士課程を受講するのは主にSTEM分野の学生です。 修士プログラム社会科学の2.3%と人文科学の4.4%と比較されます。

これらの融資に伴う条件の結果として、すべての学生が高等教育を受けることができるわけではありません。 国で認めない大学に入学できない低所得層の学生は、「学問と実技のバランス」を提供するものと認められません。 人文社会科学大学院の学位を持つ個人の限られた雇用機会も深刻な問題を構成します。

日本の高等教育を無償で提供するための努力と高等教育の経済的負担を減らすための政策の実行は、主に政府が認めた大学とそこに行くことができる優秀な学生を支援するため不十分です。 これは教育部門に対する政府の支援が限られているだけでなく、社会が高等教育の核心受益者であり、個人に対する支援は日本社会に寄与しなければ正当化されるという信念に由来する。

島内さえは東京都大学国際センターの副教授です。

READ  日本は純外部資産が増加するにつれて、最高債権国のままです。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close