日本の幻覚映画:今見なければならないカルト映画7編

Estimated read time 1 min read

パプリカ(ゴンサトシ、2006)

視聴者に「最高のショータイム」を知らせるために小さな車から出てくる虹色のピエロのシーンから始まるということを考えると、SFミステリーが パプリカ ラフでロジックを逆らう光景です。

近い将来を背景にしたこの映画は、「私たちの夢の扉を開く」装置を開発し、眠っている精神と患者のビジョンと対話できる不良科学者に関するものです。 そのうちの1人は非常に長い廊下で銃撃事件を目撃しましたが、犯人を捕まえられない繰り返し悪夢に苦しんでいる刑事です。 一方、第三者が夢の世界を混乱に陥ります。 そうしながら、幻想と現実が合わさり始めます。

フォローするのは最も簡単な話ではありませんが、偉大なコンサトシの4番目で最後の長編です。パーフェクトブルー) それにもかかわらず、大脳の驚異です。 鮮やかなテクニカラーで細かくアニメーション化された豊かなディテールと驚くべき世界を見せるこの映画は、2006年ヴェネツィアゴールデンライオン賞候補に上がりました。 4年後、クリストファーノランの映画が公開され、ハリウッド模倣は大きな歓迎を受けました。 初めて 西洋でより大きな成功を収めるために、プロットと主要なシーンのほとんどをリサイクルしました。

上映 プリンスチャールズシネマロンドン、4月27日、5月15日、5月31日

READ  京都の京子舞子学校、2年ぶりに開校式を開催
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours